category: ★ガーネット・クレイドル Sugary Sparkle  1/1

サーリヤルート クリア +総評

No image

リヒトルートで感情とテンションが丁度良く奇妙な感じに渦巻いたところで、個人的本命サーリヤルートに突入した。他の王子達はガチで心配になるような感じもしたが、サーリヤは包容力が随一なのでわりと心配せずにプレイすることが出来た。リヒトの場面以外は。サーリヤとの喧嘩も、サーリヤが舞踏会に出るな!自分もでない!と言ったところから始まったのだが、それもまあ理由がなんとなくお察しいただけるかと思う。主人公のお父...

  •  -
  •  -

リヒトルート クリア

No image

リヒトは自分で掘った落とし穴に気づかない人なんだな、と見ていてほのぼのした(ほのぼのするような場所はひとつもなかったが)でも主人公悪くないのに、「子供だから(笑)」という理由で上から目線を食らわせられるというのは、むしろあなたが、と言いたい気分だったがリヒトルートは特別手当みたいな感じだったので、高らかにざまあ!と言えて良かった。他のルートでは、呪いをかけられた主人公が最終的に王子の記憶を忘れてしまう...

  •  -
  •  -

トーヤルート クリア

No image

リヒトは他の人のルートでも楽しみすぎだと思った。本編でもそうだったが、FDでも愉快になるぐらいリヒトが自由行動すぎるので、こちらも画面前で手に汗握ります。次の瞬間にはリヒト大先生がセクシャルハラスメントに走りそうで怖い。いや、もうセクシャルハラスメントにトリプルアタックだと思う。そんなわけでトーヤルートは、クリスマスにうつつをぬかすなんて、とかいいつつ結納しようぜ!と言っている事がチグハグすぎるトー...

  •  -
  •  -

キイチ、楓ルート クリア

No image

リヒトとトーヤは私を笑い殺しさせる気だ。持病の喘息をフル活動する一歩手前まで笑った。というわけで、攻略を開始したが、本編同様リヒト様が暴れる暴れる。話はED後なのですが、出だしは共通ルートで、本編同様五人の中で誰を選びます?という選択肢が宝石の名称で出てくる。その後はクリスマス前なのに、エンディングを迎えたキャラとの悩みを主人公が思い出し、各ルートに入っていくというものだった。もちろん夢のなかに入っ...

  •  -
  •  -