category: 【一般】乙女ゲーム  1/48

百瀬つむぎルート 感想

No image

先に語っておくけれど、私がこのゲームをやろうと思ったのは2017年放送だとはとても思えない素晴らしい出来のアニメダイナミックコードを見て虜になり、1日1ダイナミックコードがすっかり習慣になっていて、一体原作はどんなゲームなんだと思ったのがきっかけである。ダイナーの存在はそれこそ一番最初のゲームが発売された頃ぐらいから知っては居たが、ハニビは揉めてる印象しかなかったのでかなり敬遠していた。あと個人的な話、...

  •  -
  •  -

久世 円ルート 感想

No image

乙女ゲーの悪手を詰め込んだようなルートだった。自分はそういうのは嫌いではないし、できるだけ自由な作品をプレイしたいなと思っている人間ではあるけれど、コイツはちょっと虫が良すぎるというか、キャラは簡単に言うけど生理的にどうなんでしょうねえ、と思った。でもそういう意味ではなかなか興味深いキャラクターではあった。簡単に物語を説明すると、芸能事務所に所属する俳優の主人公はある時社長に呼び出された。そこには...

  •  -
  •  -

華陀ルート 感想 +総評

No image

魁ってタイトルが初出され、それを見て合言葉のように男塾!!と叫んだあの時から、フルコンプの今があるのがなぜだか感慨深い。続編をプレイ出来るとは思っていなかったので、そういう意味ではプレイできて良かったなと思える出来ではあった。これは自分が求めていたような恋戦記じゃないけど、確かに恋戦記の雰囲気を残していた、恋戦記のような作品。あ、もちのろんで前作のネタバレがあります。●華陀ルート無印恋戦記でぶん投...

  •  -
  •  -

仲穎、本初ルート 感想

No image

特別悪いわけでも無いが良いわけでもないっていうビミョーな評価のゲームになってきているけども、恋戦記にそういう評価をつけるのはやっぱり寂しい気もする。残すところあと一人になったが、今のところキーボードのキーを弾け飛ばすようなシナリオには出会っては居ない。こう書くと「出会いたかった」みたいになるが、ヴァルプルさんで散々弾き飛ばしたので、個人的には結構楽しめている部類に入るんだよなあ。しかしながらやはり...

  •  -
  •  -

奉先、伯符ルート 感想

No image

密林地帯のレビューを抱え震えて眠る日々でしたが、プレイしたらその酷評っぷりも分かるし、思ったよりもまあ良かったという気持ちもあるし、今の気持ちは更地みたいなもんです。意外にも。この作品のレビューを書く前になんとなく書いて置きたいなと思う前置きは、私は「三国恋戦記への期待」と言うのはヴァルプルさん(※ヴァルプルガの詩のこと)でほぼ粉々に砕け散っており、魁を予約しプレイしたのも「まあ面白ければ当たりっ...

  •  -
  •  -