全力で頭を抱える日記

おもに乙女ゲームの感想を中心に。ネタバレご注意。

01 2010

蹂躙

自分が思う以上にまりメラに感動したらしくて、なにかあってもまりメラのことを考えて、曲を聞いては泣きそうになり、日に一度は最終話を見て泣く寸前まで感動する、という涙腺を蹂躙して鍛えてました。この状態で何をやっても感動とかなんかそんなもんを感じることが出来そうにないな、と思っていたらいつの間にかポケモンをプレイしていた。


いい感じに涙腺が砕かれたところで、LaLaを購入。
コルダがようやく佳境に入ったのか、月森が香穂子への恋を自覚したようでした。遥かもそうだったが、コルダも恋愛ビンビン物語だな、と思う。ついでにいうと、加地や土浦、火原も香穂子ビンビン物語な感じだったんですが、当の香穂子は月森しか見えていない感じだったのでまたそこでいい感じに周りを蹂躙して下さる。もたもたしている月もあったが、最近は楽しいです。

あと最近友人とのあいだで、月森ごっこなるやりとりが流行っている。
お礼をする場合に「……すまない」と月森風に答えるというものだ。すまないという前に、一拍溜めるのがコツ。ネタの通じる方とやってみて欲しい。

驚くほど異様な空気が流れる。


マイナーな話をすると、新人さんでは石原ケイコさんの話が結構好きだ。
もう新人、と言う程でもないかもしれないけれど、LaLaの作家の中で一番好きな人は斎藤けんさん。この人が居なければ私はLaLaを購読していないだろうというぐらい好きだ。
石原さんは明るいながらもほんのりシリアスさ加減が素敵、斎藤さんはこれまでか!ぐらいの暗い話もあるが、その中でも何か灯る話があるので大好きです。今回のLaLaは石原さんの読み切りも載っていて結構面白かった。
LaLaスペでは亜笠弓月さんが復活なさっていて、ちょっとぐっときた。

いつももうそろそろ卒業かな、と思うけれどもなんだかんだ言ってLaLaだけはずっと買い続けている。



LaLaを読んだら、頭が少女漫画に引き戻されてきたので、この調子で星コミやります。
星コミは少女漫画を題材にしているだけあって、時折すごくキュンとするものがあって久々に乙女ゲーをしたなという気分にさせられた。
ユアメモは、ギュンと来た。



拍手お返事です、遅くなってしまい申し訳ないです……ありがとうございます!
.



●ななさんへ
初めまして、ようこそいらっしゃいました、望月と申します。そして日参!マジですか!ありがとうございます!!もっとこう、土足で踏んでくださってかまいませんので(喜)、これからもどうぞよろしくお願い致します…!
ガーネットクレイドルは後半は金太郎シナリオですが、リヒト先生の暴れっぷりは一見する価値ありだと思います、おすすめです。あの胡散臭さと、主人公が自分のこと見てくれないのはヤダヤダ!を実行してくれるのはリヒトでした。他の男ルートだと本当に息が出来なさそうなくらいなので(笑)
ユアメモはまりメラのおかげで小休止中ですが、このまま未クリアは俊一に敗北したに等しいので(屈辱!)、星コミ後にクリアしたいと思います。
そしてSIGNALですが、タイトルは把握していましたが様子見の状態でした。アルトゥールの名前の存在感がスゴイです。あと神経すり減ると聞いて一番それっぽいなと思ったのは眼鏡です。間違いなく疑わしきは眼鏡です、スーツなところがいい感じにこちらを身構えさせます、眼鏡スーツはやっぱりやる前からキメてくださる!
眼鏡が気になってきたので、機会があったらやってみようかと思います!

嬉しいメッセージありがとうございました!これからもつらつらと感想を書いていこうと思うので、お暇があったらまたあそびにきてくださいませ、それでは!
関連記事