全力で頭を抱える日記

おもに乙女ゲームの感想を中心に。ネタバレご注意。

15 2010

蓮、恭一(VS響)ルート クリア

小生、もはや挫けそうであります。
DSという携帯機でありながらもこの操作性の悪さが、極めてこのゲームの評価を下げてしまう原因となってしまっているのが悔やまれる。

とりあえず個別ルート感想。

●蓮
蓮は女性でありたいのか、男性でありたいのかよくわからなかったなあ。その辺をもう少しきっちり描いてくれれば蓮にもときめいたかもしれない。
まあイベントからすれば蓮は自分が男だったらよかったのに、とは思っているもののその動機や理由は『男でしかやらせてくれない役があるから』であって。舞台に立つことは出来無かろうが、それは女性であっても叶えることは不可能ではないわけで。主人公も蓮を支えてはいるものの、友情なのか愛情なのかハッキリしないまま、EDでようやく付き合う?みたいな事になったのは非常に残念だった。
女性なら女性で貫き通せばそれはそれで納得出来るものであるし、男性で居たいのなら萌えることも出来たと思う。

正直言えば、宝●系のこう言う美麗な男性っぽい女性という設定は各所で使われていて、もう慣れた感じが否めなかったけれども、もし蓮が男性でありたいと思っているならこれは良いかもしれない、とプレイ中は思っていた。それだけに何かこう……惜しいルートであったと個人的には思う。
ただ一番王子様でした、どの野獣よりも一番王子様でした。


●恭一
一言で言えば、蓮と同じく消化不良が否めない。まあVSもそうなんですが。
恭一の正体は、なんと亮と主人公をくっつけさせる為に亮の父親に言われてやってきた、というわけだった。ただ亮の父親も悪いわけではなく、亮を思っており、また恭一も自分の息子のように思っている、というわけのわからん設定で、描写も少ないので感情移入出来るわけもなく。ただ悩む姿は良かったと思います、一度は主人公の告白を無かった事にしておきながらやっぱり主人公が好きだ、となるのも悪くは無かった。
DSということを考えれば、しょうがないといえばしょうがないだろうけども……。伏線はきちんと貼ってちゃんと回収されているのは良かったんですが、もう少し納得させて欲しかったというのが正直な意見。


●恭一VS響
これは果たしてこのゲームに居るのか?私が三角関係が苦手だということを差し引いても、もう少し納得させて欲しかった。
恭一ルートでアレほど悩んだものをあっさり捨てて主人公が欲しい!というのになるのは流石に納得で気なかった。何が良かったんだ、響との取り合いから煽られて気分向上により、という理由なら理解はできるが納得が出来ない。恭一ルートのあとにやったので特にそう感じた(別のルートをやった後だったり、長期間経った後ならまだ納得出来るかもしれない)
というわけで眠っている主人公に恭一がキスをズキュゥーンで響がそれを家政婦は見た状態なワケでしたが、響はそれを見て主人公への恋を自覚するのは良いものの、主人公ごと突っぱねるのはらしくないなと思った。突っぱね方があまりにも怒り率がケージに溢れんばかりだったので。
誤解されたまま何故か恭一とデートすることになり、その間に主人公に響が照明の下敷きになり病院に運ばれたと連絡が入る(こういうときの照明は人の上に倒れるのがプロ級)。駆けつけた先で、やっぱり嘘はつけないと恭一が勝手に主人公にキスをしたことを告白し、逃げ出す。
追いかけるか追いかけないかでEDが決まるが、どうしてこういう時に自分だけ言いたい事言って話を聞いてくれないやつが多いんだ。ちょっと腹を六つに割って話そう、みんなで。

恭一を選んでも響を選んでも、どっちにしろ和解になるのは良かったと思う。夜伽的な何かがかすりも描かれなかったところが特に良かった。
主人公は基本前向きまっすぐで、私は好きなタイプです。

どうでもいいことだが、部屋が散らかっている時の響の部屋になぜかねんどろいどらしきものが飾られていた。もう一つ驚愕の新事実だったのが、響は縄で縛られる同人誌を書いているらしい。それってせんs



内容はそれほど悪くはないものの、操作性の悪さが目立つのが一番の難点です。オートモードなし、周回プレイ必須なのにも関わらず押しっぱなしでなければならないスキップ、既読スキップなし、話を切るマップモードとコミックモード、セーブはする機会が区切られている。携帯機で操作性が悪いのは頂けない。
これらが意味も無く時間を食うので、萌える前にプレイする気をなくさせる。

カッツェが届けばそっちに流れ込んでしまいそうですが、亮が何でも出来るスーパー男子なので亮と轟木先生を目指して突撃したい。
関連記事
スポンサーサイト