全力で頭を抱える日記

おもに乙女ゲームの感想を中心に。ネタバレご注意。

26 2009

水窪ルート クリア

水窪ルートクリアした後の山瀬ルートもクリアしたのですが、PSPを酷使しすぎたようで、山瀬のハッピーED直後に電源落ちて深夜に声にならない悲鳴を上げた。暗転したPSPに映る私を強烈ブサイクだと思ったのは久しぶりだ……二重に悲しい。耐えられない。


そんでもって、水窪くんですが、まあ可もなく不可もなくといった感じ。
それより(二行目にしてそれより)、水窪くん狙いで行ったのにも関わらず、水窪くんの好みに合わせて肝試しに行ったら、なぜか朝峰くんルートに足を突っ込んじゃっておりまして。その朝峰くんが転校初日から主人公好き好き大好きオーラを出していてめちゃくちゃびっくりしました。

彼女の奏でる音楽が好きという理由だけで権力という権力を駆使して主人公の学校、クラス、そして隣の席までをゲッツした誰かを思い出した。なんというか、朝峰くんなんて世界まで作っちゃってる執念なもんだから、そして私それが大ヒットしてしまったので、朝峰くんは何が何でも最後にしよう!と最初からやり直しました。
ただ朝峰くんと加地の違いは、加地は別に踏んでも寧ろ喜ぶ人だけど朝峰くんは断ったら素直に傷つくところだろうか。ナイーヴというか。加地は強い。なんだかんだいって逆風をバネにしてるから好きだ。

そんでストーカー属性の加地君と朝峰くんの話はともかく、水窪くんですが、なんかもうほんと可もなく不可もなくといった感想しか浮かんでこないのが悲しいところだ。
ようするに、真面目でインテリ眼鏡だけど、ホラー好きでローテンションの……普通の人です。特に主人公に突っかかるわけでもなく、ストレートに好きともいうし、潔さは男っぽかった。乙女ゲーでは逆に珍しいんじゃないかと思いました。ただ好みにはハマらなかったので、なんともいえんでした。

ホラーと聞いていたのですが、肝試しあたりのところでちょっとホラーを感じましたがあとはなんだかおもっていたよりさほど、と言った感じなので今のところ私はセーフでした。まあまだ恐ろしい才能をお持ちの朝峰くんがソラユメの重鎮として控えていらっしゃいますので、そこらへんは朝峰くんに期待したいと思います。

それで、探していた破滅の指輪なんですが、ひょんなことから主人公の友人の鈴菜ちゃんへと渡ってしまう。鈴菜ちゃんはさりげなく水窪くんが好き、という雰囲気を出していたのですが、まあそこらへんは乙女ゲ主人公特有スキルの鈍感さをフルに駆使してスルーしたらこうなっちゃってました。

なんやかんやでとりあえず学校へ行ったら、みんな自分のこと忘れててびっくりー!な状況になってました。それが自分のクラスメイトだけでなく、幼馴染の山瀬や好きだと何回も告白してくれた水窪くんまでこっちのこと忘れてるんだからびっくり!あの愛は一体!この鬼畜眼鏡!

まあ眼鏡はともかく、このとき、朝峰くんルートを思い出してしまいました(さわりしかやってないけど)。朝峰くんはずっと主人公のことを覚えていて、転校初日から主人公さえいれば何もいらない!みたいなことを言ってくれるお方なのですが、主人公は全く、かけらも、これっぽっちも朝峰くんを覚えておらず、いきなり好きとか言われても気持ち悪いんですけど的な態度をとってました。わからなくもないが、なんだか悲しい。
そんで朝峰くんのことを考えると、こんな気持ちかなあと思う。
朝峰くんは皐月のことを覚えていたけれど、皐月は朝峰くんのことを覚えていない。
大切な人の自分に対する記憶が全くと言っていいほどない。
これってすごい喪失感だなあと、その立場になって初めてわかった。

それから、まあ水窪くんがきちんと思い出してくれて、解決へとつながっていくんですが、特にラストあたりは駆け出しだったように感じました。
それまで鈴菜や水窪の家庭に何かあるんだな、って結構匂わせてくれていたんだけれども、二つともその理由を数行のテキストで処理されてしまったり。結局それぞれ本人の口からは、家庭のこととか鈴菜の水窪くんへの語られずじまいでわからない。
フラグ立てたり伏線張ったり、それをきちんと回収してくれてはいるんだけれども、細かく描写してくれないといった印象。

で、そのままエンディング。


ちょっとお前さんたち、指輪は……。

本当に、乙女ゲーの主人公って自分の狙ってる男以外はどうでもいいという潔さがあるなあと思う。ときメモとかはわざわざ爆弾背負ってくるんでそれをさせてくれないけど、こういうテキスト形式の乙女ゲはルートに入ると他の男の存在が街人Aぐらいまで下がるのでいかんとも。
まあルーエンは押しかけちゃった存在ですけど、それでも指輪落としたり、失くしたり、肝心なところで指輪外されて消されたりとか散々たる目にあわされているので、もうちょっと憐れんでやってほしい。というかいざという時一番活躍するのはルーエンの使い魔だけですよホント!

なんにせよ、萌はしなかったけど(朝峰くんにはきゅんときた)、そこそこ楽しめたので次は山瀬くんルートを狙います。
幼馴染って最初から主人公のこと好きな設定多いけど、全部報われなさすぎるよなあ。
関連記事