-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04 2011

SS 来栖翔 友情、恋愛、大恋愛ED クリア

シナリオライターは翔ちゃんを殺したいのかと思った。

翔ちゃんの設定自体(よく分からない心臓病、同室はフリーダム、かつ同室のほうが音楽の才能がある)どうしたんだ翔ちゃんの息の根を止めたいのか、とずっと思ってきたのですが、SSはわりと本気でかかってきます。
なによりも別に翔ちゃんは悪くないのに、100キロマラソンを走らされてサライを歌わされたり(あながち間違ってない)、生殺しを食らわされたり、当の主人公は何も気付いてないといういつものコースが来て、何故だかすごく不憫で仕方が無い気持ちになった。もう一発カマしちまっても許されたんじゃないだろうか。あんなにうたプリのエロと戦うとか言ってた自分が懐かしい(戦って半殺しにされた過去)。

いやしかしながら、無印をやっていた自分はスチルを見た瞬間、この世は素晴らしいのかもしれないと笑みがこぼれて止まらなかった。笑いすぎて自然と涙が出てきたが、これが感動の涙なのかはたまた別の意味の涙なのかはよく分からないが、とにかくスチルを見て涙を流した。

それと同時に、こんなのうたプリじゃねえ、とも思った。(洗脳済み)

あの綺麗な絵は何ですかね、とても踏ん張ったがゆえに出したとは思えないキラキラしたスチルを見せられて、本当にラスエスカッツェの流聖さんの後光スチルぐらい眩しかった。(流聖さん知らない人はすみません、簡単に説明すると股間からまばゆいばかりの光が漏れてるスチルです)

そんな私を、今にも干からびそうな立ち絵で引き戻して頂いた所で、いざ翔ちゃんルートはというと、この日記の最初に戻る。
翔ちゃんになんの恨みがあったのかは知らないが、乗り越える壁にしては高すぎるというより、壁が本気で殺しにかかってきているんです。あと、背負わんでもいいのに背負っている目標(のようなもの)。翔ちゃんは命をかけて取り組まないと快感を感じられない人なのかな?
しかしながらこのルートでは、成功率50%の手術をしに渡米したところから始まるので、私はもう一度あの激マズエピローグで殴られるのかと思っていたら、飛行機事故自体無かった事になってました。

ここで勝った(何に)、とか思っていた自分は甘すぎた。
次から怒涛の勢いで降り注ぐ『とりあえずエロい展開に持ち込もうぜイベント』には、主人公があまりにもソッチ的な意味でお花畑なので、最初に言ったとおり、もうとっとと一糸纏わぬ姿とやらになれ、と思った。しかしながら来たら来たでこのブログにそういう意味で書くんだろうな、と思っている。

意識が戻らない翔ちゃん、という展開も瞬きする間に終わらせ、ここからが凄いのが、シャイニング事務所主催24時間テレビみたいなのの応援歌を歌うことになった翔ちゃん。なにやらよくわからん展開なのが、その前にドラマか何かのエキストラに出た主人公が失敗したボールが照明に当たり、その照明が24時間ランナーである龍也先生に当たり負傷、かわりに翔ちゃんが出る、というマジ殺る気1000%だ、という展開。息が詰まった。
パートナーの失敗はオレの失敗でもある、という命を賭した連帯責任には、まるで戦場にいるかのような気分を味わった。そうか、ここは戦場だったんだ。どうりで気絶する寸前まで殴られていたはずだ。

病み上がりの翔ちゃんに走らせる。何故、と理由を問うてはいけません。
そもそもこのゲームにはBADEDは存在しませんので、いくら殺しに掛かってこようが結果的には干からびたような立ち絵の翔ちゃんが笑顔を見せてくれるのです。(全部がBADEDのように感じた方は、私と一緒にうたプリを全身で感じる練習をしましょう)
色んな意味でドキドキで(破)壊(さ)れそうになったところで、エンディング。
付き合っている設定なのに、友情EDなるものがあって思わず閉口したが、不思議となんだか突っ込むのも悪いような気がした。

あとエンディングはスタート地点とゴール地点の場所が違うのと、誰と一緒にゴールするか、エピローグで一発カマそうぜスチルが来るか来ないかぐらいの違いなのでどれがどう、というわけではないのですが、とにかくスチルが綺麗なので感動した。スチルではきちんと潤っていました。
Repeatの方々はこういうものが画面に写っていたかと思うと、私もいくらか立ち絵につられて干乾びることも無かったでしょうに、と思いかけましたが、あれがあったからこそのこの感動を得られた、と思うと、やっぱり私はあの肩幅も愛していけるような気がするのです。
気がするだけです。


相変わらずの、選択肢にはイエッサーで答えないといけない仕様はさすがでした。
翔ちゃんの身を案じれば案じるほど、翔ちゃんの好感度が急降下していくのには(正確には一ミリたりとも上がらない)、思えば思うほど気持ちが繋がらない甘酸っぱさを感じられたような気になりました。一方的に。

優しさってなんなのかな?相手を思うってなんなのかな?そんな業深いことを強制的に考えさせられた翔ちゃんルートでした。


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
男気全開どころか大開放だった、誰か閉じて閉じて。


EVER17の感想を書く、と言っておきながらSSを攻略してしまった自分は本当に早漏野郎です。
次こそEVER17の感想を書く、と言ったら次も書かないような気がするのでもう何も言いません。黙ってSSをするかもしれません。
と同時に、何を思ったか純愛エロゲとして有名な、ななついろ★ドロップスを攻略し始めました。いくら同じ二次元だからって中和出来ると思ったら大間違いだということを今更ながらに痛感している。
しかしながらこのうたプリSSとななついろの二股プレイに今宵も胸を熱くさせながら、頭をおかしくさせていきます。


以下より拍手お返事です。押してくださった方も本当にありがとうございます。
新着で上げた記事に拍手されることもあれば、過去に上げた宇宙意識の後白河の記事に拍手されていたりして、ああ昔から苦しめられているなあと勘違いしそうになりましたが、あれが私の喜びの始まりだったのかも知れません。
.


●ななしさんへ
いえいえ、お勧めしてくださって有難う御座いました。
おすすめしてくださったゲームは、私が同人ゲームをやりたいと思って探していたときに気になっていたゲームなので、やる機会があれば特攻してみようかなと思います。
なにより、私の好みに合うということは、そっち的な意味の方が出てくるということですかね?(胸がドキワク)
Ever17の感想もぼちぼち書いていきたいと思っておりますので、これからもお暇なときにでも遊びにきてください!それでは!



●ゆーさんへ
先に謝っておきます。このブログの拍手の文字数制限により、メッセージが途中で切れてしまっていました。本当に申し訳ないです。このブログごと、無印翔ちゃんの立ち絵の刑を受けてきますのでお許し下さい。
あと、アニメの事情を教えてくださって有難う御座いました!これで何故あんな色んな意味で素晴らしいアニメたちが出来上がったのかがわかりスッキリしました。アニメーションナンバーワンに笑いました、確かに下から上までナンバーワンだ!
しかしながら丸投げってあのアキラとシキティを丸投げされたかと思うと想像しただけでも全力で避けたい気持ちになります。業界事情という奴なのでしょうが、毎週ギリギリなところも少なくないと聞きますし、DVD全話修正ともなると、あの出来だと1から作ったほうが早いんじゃ?とアニメーターが過労で倒れないか案じたくなりますね。いやでも、あの出来だからこそ毎週きちんと見て、愛着が湧いて、どこにも萌える要素など無いのに萌えていたあのアニメ咎狗の血が好きだった私はどうしたらいいのかちょっと迷います。
アニメーションナンバーワン様も一番熱くアニメ本数抱えているとのことで、ヒートアップしすぎて次第に触れ無くなりそうな気がします。そのうち咎狗みたいなアニメが増えていったらどうしましょう、喜びのたうち回るような気がするのは気のせいでしょうか。どうなろうが結局喜んでますね。

うたプリFDクリアおめでとうございます、尊敬します!
Repeat攻略からあの立ち絵は本当に何の罰ゲームかと思うほどの仕打ちですね、考えただけでも身の毛がよだちます。
かくいう私も立ち絵に(生)気を(吸い)取られてボタンを押し間違えまくったことがありますが、一番気になるのは結果が良くなるとこの世のとは思えないものを見た表情をするダム様ですね。もう確認済みかもしれませんが、AAをお持ちならあれを楽しんで(?)みるのもオツなものだと思います。
兎にも角にも、感想を読んで頂けたようで、さらにメッセージを送って下さり幸いです。いくらか私のうたプリへの気持ちも浄化の一途をたどっているような気がします。そこへまた自らSSという熱湯に飛び込み再沸騰と相成りましたが、これからも見守っていただけると有り難いです。
またお暇なときにでもいらしてくださいー!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。