全力で頭を抱える日記

おもに乙女ゲームの感想を中心に。ネタバレご注意。

22 2011

葵座がくれた笑顔

葵座さんは、その道のプロでした。
私のような素人童貞が、葵座さんに殴ってもらおうだなんて本当におこがましいことだった。

殴られに行ったら、そっと手でこねくり回され弄ばれ、そして笑顔をもたらしてくれた。時には意味のないギャグ選択肢を挟むことで「これは本気でやっているんだよ?」と葵座さんの本気度をチラチラみせてくれる演出には本当に腹筋が痙攣して涙がでた。

これは、感動の涙ではない……だけど痛みからくる涙でもない。
葵座さんは、凄い。葵座さん、私めをお殴り下さい。


私と葵座さんとのカーニバルはまずAmazonで注文したところから始まりました。
遙か5に迫るほどのマジOFF68%に視線が釘付けになり、50%代の頃からそのチキンレースを見守っていたのですが、途中でこれはデス・レースだったの気付き、ついに購入に至りました。中古サイトで特典CD付きで2000円代で売っているのを見て、『特典CDなんてついていても聞かないしな』と思っていた自分をまず葵座さんのジャブが襲う。プレイしても居ないのに。

そう、箱で届いた。
たかだかPSPソフト一本なのになんでAmazonは箱で送ってるの、とAmazonの仕業だと勘違いした。
葵座さんを傷つけないように箱を開くと、特典CDが二枚もついていた。輪ゴムとビニールにくるまれているそのお姿はもう奉りたいぐらい神々しかった。プレイ前から負けたと思った。

あんなに萌えていたP4を小休止してPSPの電源をつけてみると、意外にもかっこいいOPが待ち受けており、これは別に悪いゲームではないのではと見るものに淡い期待を与えてくれるが、そのワクワクはスタートボタンを押した時点で粉々に砕け散った。
どう見てもまぶたに目書いている人が現れた。
腹筋が殺されそうになりながらも、前に進めば進むほどまぶたに目を書いているようにしか見えない、幼馴染のソウスケくんと蔵の掃除だかなんだかに出かけると、開口一番主人公が「蔵でクラクラしちゃった~」とプレイヤーをおなぐさみ下さる。
この先どんな拳が来ようともきっと耐えていけるように、とのご配慮であろう。

まぶた目くんが意外とまともで辛いな~なんてことを考えている暇もなく、時空跳躍により明治時代の劇場(?)に跳んでしまう。そしてそこには、まぶた目くんと同じ顔の存在が。
それからの演出はよく動き、真面目に頑張っているのがひしひしと伝わるものの、紙芝居以上のものはなく、ただ単純に動きだけでこちらを笑顔にしてくれるファンタスティックな演出である。
その後に普通だろうと思っていたBGMが突如マッスルミュージカルのようなBGMに変更し、時代が変わっても不安にならないようにとの葵座さんのご配慮に、ただひたすら腹筋が痙攣するだけなのであります。

「埋蔵金かと思ったら、まぁ良い雑巾だったー!!」「洋館で羊羹食べようかー!」などの見るものを魅了する名台詞に始まり、突如としてまぶた目くんと顔がそっくりのケンスケ(通称スケさん)が刀になったりするなど、プレイヤーを飽きさせない展開にはもう、……もう。(心を揺さぶられすぎて言葉がでない)

怨霊みたいなものに取り憑かれた人を浄化するために剣(スケさん)を振るう主人公は、かの遙か5さんの神子様にも勝るとも劣らない由々しいお姿でした。これからもどんどんかの者を封ぜよしていくストーリーだと思われますが、私はただただ葵座さんに笑顔にしてもらうだけなのであります。

以下よりキャラの第一印象です。

●神鳴 剣助
心のなかで、まぶた目さん(くん)と読んでいるのは内緒です。(どこも内緒にできていない)
見た目で魅了されたので中身はともかく、彼は一番最後に回すことになると思う。これで両頬をパンパンしてくれるようなストーリーなら葵座なしでは生きていけない身体になるのでは……とあり得ないことを想像してしまいますね。
問題なのはそれまで私の腹筋がもつかどうかである。

●寿 鬼格
第一印象はまともな人で落ち着いていたのだが、清々しいほどの手のひらの返しっぷりには惚れずには居られない。
笑う場所じゃないのに剣を持っている姿でなんだか笑ってしまったのは、葵座さんの空気に呑まれてしまったからだろう。ただやっぱり、意外とまともそう。

●荒銀 淋
私が好きなのは無邪気なショタであってこういうショタは好きじゃないんだなってことを改めて学ばせていただいた気がします。そういう意味でも葵座さんは(以下略)
ただデレたらまた印象も変わると思う。一番まともそうなのでふつうに期待したい。(期待すると間違っているような気分になるのはなんでだろう)

●蜂須賀 陽太
初回は彼から攻略しようと思っている。無邪気さが一瞬一十木くんを思い出させた。(この猛烈なる不安感)
ただからっからしているところは素直にいいと思う、今後にエロ神様が彼のルートに降臨しないことを祈るばかりである。
……そう思っていたら設定で主人公に触れないというのが出てきて、安心したのと同時に『エロいこと出来ねえなあ』と真逆の事を思った私をお殴り下さい。

●諏訪 七巳
土方さんとか思っちゃいけない。土方さんとか思っちゃいけない。
それを言うならまぶ……ケンスケも沖田と思っちゃいけないのだろうが、今プレイしているP4の影響で陽介に聞こえてしまう病気にかかっている。
中身はよくあるポジション以外の感想は今のところ思い浮かばない。

●大菅 誠司
まだ出てきていないのでなんとも言えないが、眼鏡をかけている所がミソだ。
メガネキャラには変態が多いという記憶があるからだ。

●主人公
遙かなる時空を越えて葵座さんにやってきた神子様っぽい双葉葵。神子様では無いらしい。
母親に影響され連発するようになったオヤジギャグを受け止めるもよし、真顔で流すもよし。空気を凍らせるわけでもなく、穏やかに私の心を鎮める彼女のギャグには、心を無にしたいときにオススメだと思った。
彼女のギャグ選択肢を選ばなければ好感度が上がらないと思っていたら、ツイッターで『それはフェイクです』と教えて頂き改めてこのギャグは心を沈静化する効能があるのだなと思いました。


この第一印象が今後どう変わっていくかが(自分にとって)見ものです。


にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
葵座さんにならかの者を封ぜられてもいい


想像以上が来た。というより、想像していたのより別の方向のものが来た。
一生懸命作っていると言うか、割りと丁寧に作っている印象はある程度受けるのに、それが別方向に行っていると言うか、そっちじゃないんだよ葵座さん、と言いたくなる立ち絵演出には本当に胸に温かさがじんわり広がりました。(本当か)
memoriesに与えられた笑顔と似ているのですが、memoriesとはまた違う笑顔なのも確かで、兎にも角にももう葵座さんが楽しくて仕方が無い。殴られに行ったのに楽しんでるってどうしたらいいのかわからなくなりそうです。
葵座さんの魅力は、真面目にやっている筈なのにこれが出てきたというところだろう。

兎にも角にも、P4とできるだけ同時進行で行きたいと思う。
ただP4が純粋に楽しいのでそちらに入り浸ってしまう可能性もある。心を落ち着かせたいときに葵座さんをやるかもしれない。
どちらも別方向に楽しんでいることは確実。


以下より、拍手お返事です。未だにうたプリの記事に押されたりしていて、有り難いやら、皆様の身を案じずには居られません。白湯をのんだりしてください。
その他の記事にも押してくださった方、本当にどうもありがとうございました!
.


●narinariさんへ

はじめまして、望月と申します。どうぞよろしくお願いします。

とうとう、買ってしまいました。Amazonでのチキチキチキンレースを見守っていたら自分も参加したい気持ちに駆られてしまい耐えられませんでした。
クソなところをひっくるめて愛している、という深いお言葉には私も早くソコへ到達したいなという気持ちでいっぱいです。殴られに行ったら笑顔をくれた葵座さんにはもう別の意味で楽しむしかないのではとも思いますが、まだまだ序盤、何が起こるかわかりません。
どっちにしろ腹が瀕死になることは確実なので、私が葵座さんにこねくり回されている様子を是非楽しんであげてください!
ちょっと個性的なアレな葵座さんと私の珍道中、とくとご覧あれ!
スポンサーサイト