23 2012

WEB拍手お返事

乙女ゲーを断ち、一旦リセットすることによりまたフレッシュなきもちで望むことが出来るだろう。
そう予測していたのに、結果として得られたのは男性向けエロゲーの男性キャラにひたすらファックしたい、とつぶやき続ける病気にかかった。セックスって1日一回つぶやく病気よりまだ酷いかもしれない。

それで、次は何をしようか……と迷っていた所、これをやってヨシュアにファックされるべきだとお告げが来たので(ツイッター及びその他関係各所の皆さま、本当にありがとうございます)、この度デス・コネクションをプレイすることになりました。
これでもう二度と乙女ゲーができなくなる身体になるだろうな、と思いましたが、この度私が敬愛する美蕾様の新作が無事マスターアップされるとのことで、非常に激しい鼓動が鳴り響いています。


というわけで、以下より拍手お返事です。大変おまたせいたしました、申し訳ないです……。
コメントを下さった方を始め、拍手を押して下さった方々、本当にどうもありがとうございました。
.


●よこのゆんさんへ
うおおおおありがとうございます!笑ってくださりどうもありがとうございます!!
ちなみにうつろな目をしておりますが、実在している人物でございます。でも二次元に行きたいです。
またお暇なときにでもお越しくださいませませ!メッセージありがとうございました~



●タロさんへ

その節は、ほんっとうにどうもありがとうございました!そしてお返事が遅くなってしまいすみません…。
もう完全に自分が楽しみ、振り返るためのレポでしたが、楽しんでくださったようで嬉しいです。
私は基本文章専門みたいな感じがありますが、たまにこういうイラストを入れると、やっぱぜんぜん違うなーとおもいます。仰る通り、絵を入れたら華やかになりますよねー。
タロさんのイラストも、柱の陰からこっそり楽しませていただいています。
実は次の日も普通に労働に励まなければならない日だったため、本当にギリッギリのスケジュールだったんですね……皆さんにご挨拶できなくてしょんぼりしながらも全力疾走で帰宅しましたw
東京駅は本当に迷路ですね、あっちいったと思ったら別の出口に出ていたり、しかもギリッギリで帰ろうとしている時に迷いそうになったので、あの時の私の目は超高速回転していたと思います(笑)
帰った時の風は本当に冷たかったです……でも自分らしいオチが着いたと自分でも思いましたw
私もまたイベントに行く機会があれば東京に出てくるとおもうので、その際はぜひぜひまた会ってあげてください!きっとニヤニヤ嬉しそうに笑う気持ち悪い人がそこに居るでしょうが、許してあげて下さい…

あ、あと事後報告になってしまいましたが、リンクを貼らさせていただきました。
私のブログのリンクも張って下さって本当にどうも有難うございます。
それでは、ブログの感想を柱の陰から楽しみにしております~



●るるさんへ

NOISEの記事に拍手ありがとうございます!
このゲームこそ語る場所が必要なはずなのに、制作サイドがその機会をとってしまわれたので、それが本当に残念です。
私が頭をフットーさせて考えたアレが手助けになったようで嬉しいです。こちらこそどうも有難うございます!
もっと煮詰めることが出来るとは思うんですが、もう意味がわからなすぎてあきらめてしまいました……100%の答えは結局提示されないままだとは思いますが、考える切っ掛けを与えてくれる面白いゲームでもありました。
こちらこそ本当にありがとうございました、お疲れ様でした!!



●narinariさんへ
本当におみやげありがとうございました!!!キーホルダーはペロペロしながら鑑賞しております…カードもペロペロしておりますw
あの地(魔都)にnarinariさんも居たと思うと大変胸熱です……。
ありがたいことに此度のイベントはたくさん楽しめましたが、今度機会があれば是非道産子が選ぶ屈指のお土産を両脇に抱えてnarinariさんに押し付けようと思います!
楽しく読んで頂けたようで本当に嬉しいです、ありがとうございましたー!!!



●琥珀さんへ
キテルと言えば琥珀さん、琥珀さんと言えばキテル!!
あのときキテルの設定画を見たトキ、これはもう琥珀さんに送らなければ!!となんだか変な使命にでも駆られたような気分で、気がついたらメールを送っておりました…。
緑川氏の涙は今思い出してもうるっとくる、良い涙でした…!
こちらこそ、レポート読んで下さってありがとうございました!嬉しかったです!!



●HSさんへ
うおおおおおお君望の乙女ゲーを待望する方が私以外にもいらっしゃることをしり大変胸熱であります!!こちらこそ是非一緒に靴下待機させてください!
あの丁寧な心理描写と、ハッとするような展開が乙女ゲーで繰り広げられたら、私は相当迷う自信があるんですよね…!(笑
)仰る通り、ギャルゲーは『世界(全体)』、乙女ゲーは『展開(部分)』を大事にしているのかなーと思います。両方がうまくミックスすればそれはもうたまらなく萌え転がるゲームが出来上がると思うんですが……ほそぼそと期待しておる日常です。
こちらこそ、読んでくださりありがとうございました。これからもぼちぼち書いていくので、お暇なときにでもいらしてくださいませー
関連記事
スポンサーサイト