全力で頭を抱える日記

おもに乙女ゲームの感想を中心に。ネタバレご注意。

31 2014

2014年望月経歴

良き年の瀬をお過ごしでしょうか。
私はサイドメニューに直近の積みゲーリストを作っておきながらそれをガン無視して、遙か3を再開してすでに攻略済みの譲を見ながらそのいたたまれなさにヒイヒイ言っております(叫び声)。

毎度この時期恒例の、一年を振り返るこの記事ですがときメモ風に言うなら「今年はよくアニメを見たな……」って感じで乙女ゲーブログにあるまじき失速っぷりですが、これからも好き勝手にこのブログを壁打ちの壁にしていきたいと思います。

以下よりゆるく一年を振り返ってみたいと思う。

●1月

・VitaminR
一気に攻略できるかとおもいきやそんなこともなく力尽き気味ですが、VitaminR自体は優秀で心あたたかになれるゲームだと思っております。X、Zのことを思えば大人しめですが、可愛らしい子たちです。主人公も合わせて、自分は彼らが大好きなのであります。
いかんせん残念なのは、やすっぽい手抜きな演出ですが、まあヒュネリジェだと思えば『この程度か』と思って妥協しそうになるんですが、自分は乙女ゲー界のそういう部分に鐘がぶっ壊れるまでガンガン力強く警鐘を鳴らして行きたいと思う。(鳴らしすぎてだいぶ鐘が粉々になってますが)

・私のリアルは充実しすぎている
わたじゅうもまだ今年の出来事だったのですね。乙女ゲーに対しモチベーションが燃えカス気味だった自分に、『乙女ゲーの楽しさ』を思い出させてくれた作品でもあり、思い出深いです。(その炎が長く続いたかといえばお察しください。もちろん、わたじゅうがアレなわけではない)
シナリオ、システム、演出、グラフィックともに商業にも引けをとらない出来に、わたじゅうの凄さを感じると同時に『これで危機感覚えないの?』と思ってしまう自分も否定出来ない。色んな意味で、「大きい作品」だと思う。


●2月
・恋するハコダテ
おっ、おぼえてる、おぼえてる……かろうじて(小声)
熱い函館推しにびっくりしたゲームでもありましたが、リリース直後はルートのリリースに時間がかかっていたため攻略出来ず、なかなか手を出すのを忘れていた作品。シナリオは結構真面目というか、共通ルートはそこそこ楽しかった記憶があります。初見で好みの倶知安町出身の人のルートが解放されたようなので、ちょくちょく攻略していきたいと考えている。実行できるかどうかは気分次第。


●3月
・ときめきメモリアル Girl's Side DAYS 2014
ときメモGSのイベントに行ったのも今年の事だったんですね。労働終了後に向かったので、軽く意識を失っていたような記憶もあるが、席が近かったのでのじけん氏と目があって(目があったと言いはるライブ現象)目が一気に覚めたのも思い出深いです。思えば一番最初のイベントから、ゲームでは男性向けの方の2よりのじけんにはお世話になっていたなあ…。
イベントの内容については少々がっかりな部分もありましたが、ちゃんとコナミらしいイベントだったのは、今でも有難いなと思うのであります。

・SWAN SONG
雪深い冬の日にやらんきゃいいのにやってしまった作品。丁寧な演出、心をゆっくりじんわり折っていくシナリオには非常に感銘を受けたと同時に終盤は何がどういう理由で泣いているのかよくわからないほどの感情を与えて頂けた。薄暗く、明るさがなく、希望も手折っていくけれど、オチはどれも『絶望』で終わったとは思えません。このゲームに希望は与えてはもらえなかったけれど、前を向くという気持ちは与えて貰ったような気がする、そんな作品。


●4月
・NORN9(ノルンノネット)
軽く手折られ気味ですが、このシナリオの『素質』には驚きを隠せないであります。これが、商業で、でました、すごい。
ある程度の説明はされているものの、説明は何もされていないという意味不明なさっぱり感に始まり、とりあえず萌えだけはこんもり持っておきましたという謎の力強さには、まるでジェットコースターのようなラピュタに乗っているような気分でした。
ちなみにこのゲームをやろうとした途端PSPがついたり消えたりを繰り返す謎の現象にもかかり、自分は意気揚々と『ノルン号轟沈!!』とキーボードにたたきつけたのでした(原因は長年使用したことによるバッテリーの消耗でした)

・クロノスタシア
中高生が書いたようなSSを発表した発売前からそれを取り下げてからの香ばしい感じの香りを漂わせた発売、本当によく練られたコントのような美しい流れでした。いろんな噂が飛び交う中、作品自体は可もなく不可もない感じだったのが、この作品に見合うような……逆に盛大な花火を打ち上げて欲しかったような。
ちなみにあと数ヶ月で発売1年になるにもかかわらず、未だにSSがキョウゴルートのみの公開なのが哀愁を誘う。キョウゴさんは許した、でもオトメイトとサンクチュアリは未だ許していない。どうしてこうなった。

・乙女ゲーアニメ(金色のコルダ3、神々の悪戯)
さあやってまいりました今年度の乙女ゲーアニメ二部作!(机をドンドン叩きつけながら)
金コル3は何をやったらそうなるのかわからないぐらい毎度の事何かしらすってんころりんしている感じには、最初に抱いた淡い期待も早々にバッキバキのコッナゴナに粉砕され、自分は『そっちアニメを見る気持ちへの切り替え』を行ったのでした。したらばもう楽しい楽しい!あのキャラこのキャラが歪んで見えるWhy!
それでも自分はアニメ金コル3がそっち的な意味で愛おしいですし、物語の中間管理職として一生懸命働いたにもかかわらず毎度作画を崩されていた如月響也氏への愛が溢れて止まらないのであります。まだ感想は書いておりませんが、ゲームでは報われてよかった。本当に。
神々の悪戯は1話早々アポロンの股間ドアップで『視聴者にいきなり股間を見せるとは!?』とこのアニメの先行きがだいぶ不安になりましたが、終わってみればまあ「妥当」という評価を下したい。原作ゲーは未プレイですが、原作組からの魂の叫びを見る限り、そこそこ楽しいアニメに変換されていたのではなかろうか。ゲームをやりたいようなやりたくないような気持ちがありますが、うたの☆プリンスさまっ♪という作品のことを今一度反芻してゆきたいと思う。あの戦いを忘れてはならぬ。……ならぬ。(噛みしめるように)


●5月
・ダイヤのA オールスターゲーム
実際は4月に行ったイベントでしたが、記事を書いたのが5月だったので。このイベントについては、まあ、いろいろ、ありましたが、近くでいろんな声優さんを見れたのでよしとしたい部分もありつつ、やはり許せない部分も多々あるのであります。
最近のダイヤについては金儲けの道具感が半端無く、いろいろいい話を聞かない部分が、原作で一生懸命頑張ってるキャラたちのギャップと相成って、現実というのは実に切ないものだなあと、血の涙を流している現在です。

・ブログ5周年
記事を書いたのは7月ですが、5周年自体は5月でした。ありがとうございました。
このブログを作ったのは、思ったように思ったことを投げつけてやろうと思ったからでしたが、まさか道産子気質の飽き性の私がここまで長くこのブログを続けるなんて思っても見なかった。
ちなみにこのブログで一番最初に書いた記事では歯で箸を折ったというクソどうでもいいことを報告しておりました。そして一番最初に感想を書いたゲームは私が美蕾様と呼んでお慕いしているメーカーが作った「仁義なき乙女」というR18乙女な作品ですが、しょっぱなからセックスだの中●しだの言ってて現在の私は卒倒しました。何も変わっちゃいない。


●6月
虚無。
ゲームに対する気持ちがTHE・沈黙だったと思う。ツイッターでなにつぶやいていたかもあまり思い出せないすっからかんっぷりでした。


●7月
・19℃
同人作。自分の感想は、可もなく不可もない、という評価ですが、乙女ゲーにおいてノベルゲー方式(画面いっぱいに文章を表示させる)をとったのと、圧倒的なまでの立ち絵を用意し、シナリオに絵を合わせまくっていた力の入り具合は唸りました。もう少し、シナリオに熱いものがあったら良かったのに……と思うものの、そうでないからこそのこの作品なのかもしれないと思う部分もなきにしもあらず。19℃もだいたいそのぐらいの温度っぽい。


●8月
・ときレス、まさかのコーエー運営移管
ときめき課金レストランになってしまう、ってかなり衝撃が走ったのですが、意外や意外、かなりの日にちがたった今も、コナミが運営していた流れをそのまま踏襲しており、逆に「こ、コーエーはそうじゃないだろ!?」と逆に問いただしたいぐらいです。
自分は早くゲームシステム変えろ変えろ叫ぶヤジ組ですが(もっとゲーム性のあるゲームがやりたいのです)、リリース開始から一緒に過ごしてきたので「もうこれはこれでわかったよ……」と逆に調教されてもいます。スチルの出来は下がってしまいましたが、シナリオの出来はさすがのコーエー?(スタッフ変わってないかもしれませんが)で、出来は移管後もそれほど変わりないのではと感じておる所存です。今は色々準備しているのだと思いつつ、いきなりコーエーなりの爆弾を投下してほしいようなそうでないような。

・金色のコルダ3 AnotherSky feat.神南
まさか何年も前に攻略した金コル3の続きをやって、感動することになろうとは思いもしませんでした。スッカスカだけどコルダのシステムが好きだからという理由だけで全てを受け止めその全てを流す勢いでゲームを楽しんでいましたが、今回はシナリオもゲームも満足の出来で、コーエーはほんとに帰ってきたんだ……と謎の感動を呼んだと私の中で話題になりました。


●9月
引き続き神南をやったり京都旅行に行ったりしてました。
神泉苑がTHE溜池で、毒舌な母親に「こんな溜池見て何が楽しいのか説明して(要約)」と笑顔で言われ、私は心のなかで「ここには遙か3での思い出がたくさん詰まってる大切な場所」と返答しました。表では「私の想像と違いました」と真顔で答えました。(宇宙意識に目覚めた義経のことは軽く記憶を封じております)


●10月
・金色のコルダ3 AnotherSky feat.天音学園
神南の出来が相当よかったので、迷わず購入。というか、天音だけは最初から購入する予定だったのですが、夏に一緒にコミケに行った友人とコルダ聖地めぐりしたり、先に神南だけプレイしていた友人からゴリゴリ購買意欲をそそられる販売促進活動を行われ、秋葉原のブックオフで神南を買って帰ったのもいい思い出です。
そしてこの天音学園では私の最萌の冥加の高笑いにつられ私も笑い、冥加の小日向かなでに向ける愛情と哀愁を含んだ眼差しに呼吸するのを忘れ、私の乙女ゲーTOP3(他の二人はコルダの加地くんとGS2の真嶋太郎)にまでのし上がってしまったのでした。冥加が幸せになるところを見るまで私の金コル3は続きます。
それにしても、ゲームとしても非常に良い出来で、あのすっからかんなアニメで挟まれる天音のCMを一番楽しみにしていたのも記憶にあたらしいというか思い出深いです。(発売までアニメの出来に引っ張られないかちょっと心配だったのも良い思い出)
ちなみに冥加の逆注目ルートは「もったいない」という理由でまだプレイしてないですが、近々再開予定。


●11月
・グリザイアの果実
出来過ぎたアニメに過大評価なゲーム、というのが正直な感想です。冗長な共通ルートに(伏線はあるものの本筋に利用しなかったり、そもそも面白くない)下ネタオンザ下ネタイン下ネタで、プレイするのが辛かった印象しかない。
アニメの方は上手くまとめにかかっていると思います。かなり端折ってますが、端折っている部分に問題はないと感じるうえ、「ある程度謎を残した状態で原作への購買意欲をそそる」というテーマにおいては非常によく出来たアニメだと私は思う。
そもそも私がこのゲームを購入した理由って、アニメで主人公が猛烈にかわいかっこよかったからなんですよね。雄二ちゃんのあのビジュアルに、櫻井孝宏氏の演技は本当に卑怯なコンボだと思っております。
迷宮は買いましたが多分やりません。果実自体はフルコンプまで……頑張りたいような、そうでないような。アニメでの雄二ちゃんを脳内に叩き込んで行きたいと思う。


●12月
アニメ優先でゲーム後回しでしたが、実はポケモンをちょこっとやったりやらなかったりしてました。あすか!をやろうとしたりもしましたが師走の時期なのもあり時間がなくてなんだかんだ流される毎日を過ごしておりましたが、遙か3が十周年と聞き日課のアニメを見ながら、遙か3の資料をかき集めちまちまイラストを書いていたら気持ちがふつふつと湧き上がり、現在女子高生にすがりつくアラサー男性(景時)を攻略中です。他の男を攻略中なのに譲の事が気になって気になってしゃーないのに私の心の7割ぐらいは将臣に向かっているので本当にコーエーは恐ろしい乙女ゲーを発売したなと思います。今でも大好きです。
というか、あれからもう十周年もたったのですね、おめでとうございました。なんだかんだ言ってますが私も景時の年齢に近くて今涙目になりながらこれを打ってます。待ってて、次は遙かなる時空を超えてリズ先生(ショタ)を迎えに行くから……。


【総評】
コーエーの乙女ゲーばっかりやってました。総じて出来が良いのが怖い。遙か5とか「マジいみわかんねえぜ!」って熱い拳握りながらプレイしていた頃があるから、なおさら怖いです。でも今後もコーエーには笑顔でお金を差し出しそうな気がします。
でも、乙女ゲー自体それほどやらなくなった印象もあります。夏頃は本当にそういう気持ちにならなくて、ブログにアニメの感想しか書くことないな~って考えるぐらいアニメしか見てなかった。

ぶっちゃけると自分が今後、今自分の手元にあるゲーム以外の新作一般乙女で、コーエーおよびコナミ以外のゲームをプレイすることはほぼほぼないと感じております。(自分が金銭を払ってまでプレイしたいと思えるようなゲームが無くなってしまったのが一番の理由です) PCは一般R18共にプレイする気力がまだあるような。PCゲーのほうが自分にとって馴染みやすいので。
両手に槍抱えていろんなゲームに特攻していた時期もありましたが、現在は色々しぼんでいる状態なので、ほそぼそひっそり今持っている積みゲーをやっていきたいと思う。あの時の元気を取り戻したいような、そうでないような。

あとは男性向けエロゲーの数をちょっと増やしていきたいなと思っとりますが、これも興味が有るのは昔の作品だけで新作に特攻するような気持ちはあまり湧いてません。とか言いながらいきなりBLゲーをプレイしてケツ穴ドライバー!とか叫び出すかもしれないので、来年もよろしくおねがいします。


昨年同様、今年一年もまた、いろんな方にご親切にして頂き、本当にどうもありがとうございました。
来年もまた暴れまわっていきたいと感じておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

それでは、健康で良いお年を!
関連記事
スポンサーサイト