全力で頭を抱える日記

おもに乙女ゲームの感想を中心に。ネタバレご注意。

04 2015

(夢灯り)蘭丸、信長ルート クリア

新作一気に2つ駆け抜けてなお、まだ自分でも余力があるような気がしたので、オススメされたのもあって近所のコンビニにPSカードを買いに走ってVitaでダウンロード購入してしまいました。画質は荒いけれどシャー音もないし、バッテリーの持ちも良いし、Vitaにはしっかり満足しております。

コナミが乙女ゲー界ほぼ離脱の今、私の中の乙女ゲー界を支えていくのはもうお前しかいねえんだよ!とネオロマンスの足にすがりついている状態ですが、下天FDもしっかり楽しめております。そのままガシガシ踏み潰されても、それはそれで。と思っている自分が自分でも少々怖い。

いやしかし、自分が下天本編を攻略したのがもう二年前のことになり、このFDも一周年を迎えているだなんてそんな現実に震えました。二年前のことなのですっかりいろんなことを忘れていましたが、誰々が暗躍してどんなキャラだったか、ぐらいはすっかすかなオツムでも把握していたようで安心。

二年前からこのゲームの好きなところがあるのですが、それは背景の美麗さです。ただ背景が綺麗っていうだけじゃなくて、背景のエフェクトが好ましいのです。水面はキラキラ輝いていて、雲はゆったりと動き、室内を灯すろうそくがゆらめき、極めつけに一直線に飛ぶ鳥に目を奪われる。もう会話とかそっちのけで鳥を見ちゃう。たまにぶつかりそうになってる鳥とかいて脳内の会話がトビかける。
あとかなりトキメイたハイレベルな棒読み「ウラギラレテシネバイイ!」は当時の私の中で革命的でして、モノマネできるほどだったんですよ。あれがもう一度聞きたいな~と思っていたのですが、あの奇跡のような棒読みは聞けませんでした。下天FD、コルダAS、遙か6と端役ながらこなしていくうちにアンフィニのお方々もだいぶお上手になられたのだろうか。(それでもまあ一定レベルよりちょっと下ぐらいだと個人的には思う)

FDなためか本編よりも短い印象だったけれど、流れはしっかりしていて楽しめた。もちろん、惜しい部分もありましたが。あとやはり、下天が遙か6の基板になったんだなーと感じる部分があってそれも興味深かった。
以下よりそんな夢灯り感想。


●蘭丸ルート
蘭丸の相変わらずの童貞うぶっぷりには大変心温まりました。
流れは本編とだいたい一緒で、姫状態だと敬遠されるけど、若武者状態だと良い関係で居られて、自分の本性を告白し、友人をとなり、お互いを知り、だんだん好きになっていく。今回は姫の正体=忍びだと知っているためか、七介=主人公というのをばらすのもだいぶハードルが低くなった感じもしました。それでも蘭丸の戸惑いもよく分かったし、正直に告白した主人公の純真さも良かったです。流れが綺麗だったし、心が浄化された。ホントネオロマって若ければ若いキャラほどこちらの目が潰れるほど眩しい恋愛をするし、年を取れば取ったキャラほどいろいろ荒波に揉まれすぎて荒んだ心を癒やすような展開になる。下天は主人公も純真なため、それがより顕著だというか、怨霊じゃなくてキャラを浄化するというか。(これはなんのゲームなのか……)

本編では自分は気持ちの変遷が急と感じたようだったのだけれど(ようだったっていうのはあんま良い印象は持ってないけどそれなりに満足したっていう感想しか覚えとらんのです今の私が)、今作では流れもよく理解できたし、少しずつ距離を近づけていく様子もたくさん描写されていて、綺麗に感情移入できたと思う。
何よりも、ふたりとも真面目だから、お互いに誠実なんですよ。そこがまた良かった。ちゃんと相手の誠実な部分を見て、ラスト周辺の信長暗殺の疑惑をかけられた主人公を、今までしたやりとりでちゃんと蘭丸が判断してくれたところは私の中でスタンディングオベーションでした。
ああそうそう、本編では恋天使信長様の力を大きく借りていたような気がしますが、主人公の意見もなんだかんだちゃんと受け止め、ちゃんと自分で考えて、自分の未来を見据えていったのは素直に応援できる展開だった。短いながらもちゃんとポイントを踏まえて感情移入させるのは、下天という作品の強みだなあと思う。

エピローグでは、……いろいろ……なんか……ご卒業されたかなって感じの余裕っぷりで、私個人としては一緒にいて微笑ましい会話をしているだけで頬を染めていたうぶな蘭丸殿を返していただきたい!(両手で机ドン)って感じでしたけど、幸せそうだからこれは、これで……いや、でも、余裕ぶっこき野郎になってしまったらそれはそれで魅力半減なような気がするので、蘭丸殿は初心に帰ってくださいお願いします。


●信長ルート
私の中の信長様のイメージといえば、いろいろ達観していて攻略しがいがないなーと感じていたのですが、今思えば逆に乙女ゲーでカウンセリングにもならず主人公の支えもほぼ必要ない攻略キャラって珍しいのでは。と思いながらプレイしていたら、どうやら当時の私もそう思いながらプレイしていたようです。変わってねえなあ。
ただ、当時よりは幾分楽しく見えました。信長様はこれぞ戦国時代のBOSSって感じですが、主人公が甘ちゃんで色々擦れてない分、信長様が失ったものを主人公に求めているようでそこが微笑ましいなあとも思えた。そう考えるとやっぱりカウンセリングなのかもしれないけど、この信長様は主人公が居なくても天下布武を成し遂げられるだろうと思うので、やっぱりそうではないのかなと思う部分も強い……自分でも何を言っているのかわからなくなってきました。
あと、信長が失ったものを主人公に求める、という展開は本編も同じだったように思うけど、敵側との信長らしい相対し方があったり、そこに主人公の嫉妬を交えたりして、本編よりは楽しめた印象が強かった。

とはいえ、本編で全くと言っていいほどほぼ隙がなかった信長に、今回は主人公をいじりすぎて傷心して逃げられそうになるのを焦って引き止めるシーンがあって、あの時の私って言ったらほんと小学生の悪ガキのように「やーいやーい純情っ子を弄んだバツだ~!」って心のなかで冷やかしてたのが一番楽しんでた気がする。
そうそう、からかわれすぎた主人公が仕返ししようと誘惑して肩もみしようと言い出したらいつの間にかマッサージプレイみたいになったのは、よ!セクハラ様!
なんだろうな、そこまでオヤジ臭くもないとは思うんですが、なんか上司にセクハラされる部下みたいなイメージがどうしても拭えなくて……いや、相思相愛だからそれはそれで微笑ましくはあったんですけど、やっぱり本編での刷り込みイメージが強すぎるのだと思った。

本編では落ちのあまりのプレイヤー置いてけぼり展開にがっかりした記憶がありましたが、夢灯りではしっかり信長様が格好良く描写されて思わず唸りました。正直いえば、もっと効率よく戦えば一騎打ちなんて誘わなくても良いと思うんですが、ちゃんと正面切ってかかってこいや!ってやったのが如何にも武士って感じがして、そして信長らしい「強さ」と「男らしさ」を感じられて良かった。本編でげんなりした分、大変楽しいルートだった。
あとタイトルの「夢灯り」の意味もわかって、主軸キャラとしてふさわしいルートでもあった。

余談だけども、たまに主人公と信長のやりとりのあと、すっと蘭丸の立ち絵だけ出てきて何も言わずにそのまま場面転換するシーンが何度かあったのですが、小姓ならぬ小姑様が見てるって感じがして肌寒さを感じました。なんか喋ってくれ、怖いから。


あと今作のラスボス?の両兵衛殿ですが、ラストがあっさりしすぎてて「えっやっぱり結局その理由で?」って感じでちょっと残念だった。本編は信長様のタマタマを誰が狙っているのか分からない的なハラハラさも楽しかったのですが(史実で光秀殿に疑いを向けるようなところを色々展開を駆使して誰が犯人かラストまで惑わせる展開が楽しかった)、今回の犯人は伏線がいろいろ貼られていてこいつらかもな~って思ってたらやっぱりこいつらだったので、そういう意味での面白味はなかったというか。肩透かしだった。ラストの展開も駆け足気味で、少々残念。これからは両兵衛殿たちの動機目当てで楽しんでいきたいと思う。

オススメしてくださった方々の声の中に官兵衛がオススメと言われたのですが、これが、もう、ほんとに楽しみで楽しみで仕方がないキャラです。私は昔から主人公に狂いまくってるキャラが大好きなのですが、そういう意味では成長しないなと自分でも感じておる今日このごろです。
ただ今作でも光秀殿の愛あるどSっぷりがほんともう心地よくって、「そうだねえ」って言うたびに私の中で拍手喝采が沸き起こってます。私の中での下天プレイ時の観客数は超満員のようです。今後もネオロマブーストが続く限り満員御礼が続きそうです。
関連記事
スポンサーサイト