12 2015

最近の自分の乙女ゲー事情

いつものテキトーな雑談ですよ。


・スイクラを終えての次
スイクラが終わる頃にはアンジェがいい感じに発売されてるかな~と思ったら、自分でも思った以上にスイクラにのめり込んであっという間に攻略してしまったし、アンジェは12月へと延期したので大変持て余している。
なんだかんだここ最近暗い作品ばっかりだったので明るい作品か、または同人作品をプレイしようと考えていたので、前からずっと積んでいたハートフル彼氏でもプレイしようかなと思っていたんですが、家を空ける事が多くなってしまったためやはり携帯ゲーを崩すことに。とりあえず中断していた下天FDを再開した……ら、これまたあっという間に攻略してしまって困っている。出来はすごく良かったので、これの総評はまた後日……夢灯りで一番萌えたのはやはり官兵衛だろうか。自分はホント世界の中心で主人公を叫んでいるようなキャラが好きなんだな、と改めて思った。
そんで次は何をしようかと楽天セールでぼんやり華ヤカFDを買おうかと思い値段比べをしていたら、いつの間にかヴァンウルフさんを買っていた。自分でもどうしてこうも変なところにお金を使うかなと思うんですが、乙女ゲー界のヴァンパイアハンターを名乗る以上やはり抑えておかないと、と謎の使命感に駆られました。操作性最悪とのリアフェさんとも迷いましたが、あちらはまだ値下がりしていないようでゆっくり待ちたいと思う。(今自分打ってて驚いたけども、待ってんのか自分よ……)
ヴァンウルフさんが届くまではサイケデリカでもぼちぼちやろうと思っている。ちょろっと触ったらヒロインに声があって、しかも自分の好きな中原さんでときめきました。まさか結賀先生が乙女ゲーの原画をやる時代がこようとは……あと前も言ったような気がするけど、えい子先生が乙女ゲーの曲を歌うとは。
しかし最近やった乙女ゲーの殆どにかきはら氏が出てて、むしろもうこのままかきはらイヤーにしようかと思い始めてきました。ヴァンウルフさんには出てなくて残念。


・片付けたら増えた積みゲー
PSPが本当にガタが来始めているので、Vitaに移植した作品は整理しようと棚をいじっていたら、魔恋とかカヌチとか発掘されて思わず息を呑みました。あと買った覚えがすっかり抜けているあさきとか。魔恋は買ったのは覚えていたんですが、限定版が出てきてかなり混乱しました。どこでどう入手したのか記憶を失っている。
現状の積みゲーリストはあまり変化してませんが、財布と相談しながら徐々にVitaに移行していこうと思う。故障によりとはいえ、PSP派だった自分があっという間にVitaにすり替わっていて自分でも尻軽だなと思った。でも画質云々よりカシャカシャ読み込み音云々よりも、読み込み時間が大幅に短縮されていることがかなりのストレス軽減になっている。
ちなみにPSPに移植しなさそうな作品は5年ぐらい頑張ってくれているPSPと二人三脚で頑張っていきたい。基盤まるごとヤラれているわけじゃなさそうなので、あと1年ぐらいは保つかなあとなんとなく希望を持っているところです。でも本当にPSPでいろんなゲームをやったので、卒業するのは寂しいような。


・アイドルが増えすぎて現実に近づいていく
なんかまたアイドルのソシャゲーが出るようで、本当に、だいぶ、ついていけなくなってきた……いや、ついていってるわけではないので、把握しきれなくなってきた、というのが一番正解に近いと思う。男性向けもこれぐらいあるんだろうけど、この中で生き残れるのはどのぐらいなんだろうか。今度新しく出るやつは実際の芸能事務所も関わってくるらしく、ある意味とても現実に近づいているようでなぜだか少々物悲しくもなった。
ちなみに自分は今のところはときレスだけして、ときレスがもし終わったら何もしないと思われる。ときレスも続けるのが大分苦しかったけど、今ではようやく生活の一部化してきたのが自分にとっても救いです。あとソシャゲーは私の性格上合わないんだな、というのがわかった。良いゲームをプレイすると終わりが来ることの寂しさも感じるけども、終わりがないゲームほどつまらんものはないとも思った。いや、厳密に言えば終わりはあるんだけども……。あと課金というシステムは別にいいんですが、お金を払ってる手応えを全然感じないのも合わない理由の一つだと……。
ときレスは本当に、ときめきシリーズだから続けているってだけですが、これもまあゲーム性は殆ど無いのによく続いているなあという印象です。コナミのままだったら確実に終わっていたと思う。今後の展開にもそれほど期待はしていないけど、まあぼちぼち楽しんでいけたらいいなあと思っているそんな感じです。
そういやありなっちがキャラデザをしているアイドリッシュ7を気まぐれに一瞬だけプレイしたけど、序盤のストーリーがいろんなアイドル物をナベにぶっこんだ感じでかなり不安感を煽られた。あと自分の4Sが最近挙動不審でスペックがついていけずカクカクが取れなくてすぐに断念しました。
というわけで、かなり食傷気味でプレイはしないと思うけども、どのアイドルが生き残っていくのかは興味があるので、アイドルを支えている製作者という名のプロデューサーさんたちの頑張りを見守っていきたいと思う。
こんだけ増えたなら、もうそろそろアイドルと恋愛すると本気で怒られたり痛い目見たりする、そのぐらい辛(から)いゲームが一つぐらいは欲しいなと思う。最近のアイドルソシャゲーCMで「ファンには内緒だぞ☆」とか言っててそれを見るたびに心の中で『表出ろや……』って心の中で返事するのがマイブームです。恋愛するなとは言わないけど、ファンがキミの生活を支えていることぐらいは忘れないで居てほしい。


・そういえばの新作乙女ゲームの話
恋戦記の新作が発表されましたが、タイトルを見て「男塾……」としか思えなかった。クロマティとか懐かしい、そんな魁。
恋戦記は私にしては珍しくPCとPSPで二周した稀有な作品ですが、思いでがえしは後日談だけやって積んでるし、内容には一部真顔って感じだったんで続編は評判を様子見します。思えばあの頃からなんとなく察した状態でヴァルプルさんをやれば良かったらあんなに血を吐くこともなかったのか。
でもこういう期待しなかった作品が結構評判良くなったりするので、そうなってほしいなあと思いながら期待しません(無茶苦茶)。

ああそういえば、ヴァルプルさんがVitaに移植するって聞いて、あの口に牛乳含んで見たらかなりの飛距離が出るだろうトラEDとかどうすんのかなって思いました。買うつもりは全然ありませんが、そこだけ気になった。あと評判よろしくないように思えた兄の姫呼びとかどうすんですかね。コンシューマー界でこの作品がどう捉えられるのかはいろいろ気になるところであります。
こんなに早いタイミングでの移植なら、もともとほぼ決まっていたんでしょうが。シナリオの出来もそうだけど、『手を抜かれたんだ』と分かる部分が修正されて居ないようなら、移植の意味は無いだろうと思います。

自分が気に入った絶対階級学園のハルルートを書いたライターさんが、PIL/SLASHの妹ブランドから出るゲームのシナリオを書くそうで。こちらは購入予定ですが、発売までにはなんとか積んでる神学校をプレイしたい。今年はBLと男性向けエロゲをプレイしたいと考えていたので今年中には。でもなんかもう結局その時の心情で色々プレイしたいものも変わるので、その時に任せる。
そういやPIL/SLASHがトラウマ製造メーカーって書かれてたけど、これはどんな意味で引き継がれるんだろうか。自分は物理的なものより精神的なもののトラウマのほうが好ましいんですが、乙女ゲーにはどちらもそれが未開拓なように思えるので、ぜひともチャレンジしていただきたいところ。ケツ穴ドライバー並の衝撃を乙女ゲーで起こしてくれてもそれはそれで喜びます。いや、開拓ってそういう意味で言ったんじゃないけど。


もう自分の中で乙女ゲーやゲーム全般は縮小傾向かなあなんて思いつつアニメを見たり漫画を読んだりしていた時期もあったけれど、やっぱりただの周期なだけでした。今はアニメを見るのを縮小している。ただ前のように、発売される乙女ゲームのすべてを把握していないので、このブログを始めた頃の勢いは無いんだろうなと思う今日このごろです。
あと18禁乙女でついに花魁ゲーが発売されてしまうけど、私はいつまでも桜の木の下あたりで美蕾様がお作りなされる花魁ゲーお待ちしております。私がみたあの特集記事は幻じゃなかったって言ってくれ……誰か……。
関連記事
スポンサーサイト