全力で頭を抱える日記

おもに乙女ゲームの感想を中心に。ネタバレご注意。

03 2015

ごった煮雑談

夏アニメも落ち着いて来た頃なのでぼちぼち感想を語りながら乙女ゲーの雑談でもしたいと思いますが、しょっぱなから激辛感想ぶち込むんでシクヨロです。言わずもがなあの泣きゲー制作してた人が脚本書いてたあのアニメについて。


・Charlotteとは一体何だったのか
自分にとってこのアニメで不安じゃなかったのって1話だけだったので、なんというかこの結果についてはある意味納得できるものではあったのかもしれない。それでも最後の最後までどんでん返しがあるかもしれないじゃないか、あのだーまえだぞ、と自分の尻をバシバシ叩きながら見ていたけど、結局5~6話以降は心の嘔吐が止まらなかったし、最終回はもうゴールしてもいいよねって言うよりゴール出来た!やった!クソアニメだ!って感じだった。
このアニメで自分が何が耐え切れなかったって言うと、展開の稚拙さ及び構成のザルさ。能力披露回はもっと縮小しても良かっただろうし、そういう構成の甘さが目に余りつつも、各回を見ても雑な展開に荒い理由付けに、これがあの数々の名作を産んだだーまえの最新作かと思うと虚しさの大バーゲン。
お涙頂戴は結構だけども、いつまでもそこから進展しない……いや、しようとしてこういう話を考えたんだろうけど、もともとだーまえにはこういう感じの全体の仕組みを問われるような話は上手く無いんじゃないかなと見てて思った。キャラに感情移入しようにも主人公はあんな感じだし、妹のござる調、ゆさりんの寒いアイドル描写……しょうもない寒いギャグは、昔のノリって感じがしてすごく寒かったけど、一割ぐらいは安心した……キャラにうぐぅって言わせてたころから、殆ど変わってないなと。
こんだけだーまえのお涙頂戴に慣れていると妹死亡回でも『ふーん』としか思わされない事が逆に辛いし、その後の主人公大荒れ回は感情移入させる気があったのかどうかすら怪しいというか。ここまでゲス行動してきて、妹を失って更に荒れるとか、これが「いつも気だるそうにしてた主人公がどれだけ妹のことを思っていたか」の尺度としての表現なら、正直気味が悪い以外の感想が見つからない。そして友利の言葉で簡単に戻ってくる主人公も疑問、CLANNADであんなに時間をかけて更生していった描写を描いたことを思えば、暴れたいのはこっちの方だった。
でもそれでも、まだ真相がある……真相が上手ければ……と期待して見た10話の展開の稚拙さが一番ムシャクシャきた。タイムリープものなのは別に良いのだけど、あんだけタイムリープしておいてこれだけしか進展してないのかもっと方法あっただろ!と部屋に響く私の声も虚しく。仲間の裏切りを仕方ない風に兄は言ってたけど、その一人の家族を助けるために何百何千の能力者が犠牲になることを全く考えてないし、その交渉に実弟を引きずり出して、いざ目を切られると『片目じゃタイムリープ出来ないのか』ってお前散々タイムリープしててそれすら気づかんかったんかい!と兄へと貯まるストレス。この『人の命が掛かってるのに何回か繰り返せば大体気づくようなことに気づかなかったキャラクター』が出来上がっているのに対し、主人公より頭良いみたいな描写をされるので表情は無へと近づいていった。

最終話の主人公はこれを見ている自分かな?と思うぐらいの荒みっぷりで、最後の能力者の能力が『勇気』であったことに対しては、寒さの役満キタでコレ!で、よくわからないけど主人公だけが精神壊しながら頑張って世界を守りました、何も覚えてないけど好きな子と付き合えましたこれから明るい未来が待ってるよね!を見終えた時、私も(このアニメから)救われた……。
実は目が見えてるんじゃないかと思える兄の動き(作画または演出?)もどうかと思ったけど、作画は相変わらず一定したレベルで綺麗でよかっただけに、どうして最後までだーまえ一人に脚本を任せたのか本当に疑問。AB!を2話切りしてCharlotteしか見ていないけど、なんとなくアニメ脚本としては向いていないのではないと感じた。もし今後もだーまえが脚本を書くなら誰かがそのシナリオを補佐する『アニメ脚本家』に支えてもらうべき。この話は尺が足りないというわけではなく、上手くやれば1クールでまとめられただろうし、単なる脚本力不足だと。

何より一番ムッシャクッシャしたのは、この作品がSHIROBAKOの後の作品だということ。アレを見ていたから更に統括的な舵切りをする監督には何やってたの?と問いたいし、これがSHIROBAKOで見たような現場で作られてることを思うとやるせなさややりきれなさも感じる。P.Aはいつまでだーまえとお手々を握り続けるんでしょうかね……。
で、なんでこんなに凹んでいるのかというと、自分が初めて触れたエロゲがkanon(か東鳩のどちらか)で、すごく思い出深かったから。AIRもCLANNADもその全てに満足したわけではないけど感動もしたし、キャラクターには愛着があるから、Charlotteでキャラクターがまるで物語の道具のように使い捨てられているのが辛かった。でもまあ、クソアニメ愛好家としての矜持でなんとか乗り切ったけど、手元に残ったのは虚しさだけなのがある意味最高です。


・シンフォギア3期
よくわからんかった枠。最初の勢いは良かっただけに、途中から勝ちパターンが決まってしまっていたのも……いや、シンフォギアらしいと言えばらしいんだけど。何より辛かったのが専門用語が多すぎてちょっとついていけなかった。音楽も2期では殆ど買ったけど、今回はOPとEDとボスのキャロルちゃんの歌のみ。うたプリ同様失速しているなとは感じるけど、こっちは色んな意味で自由にやっているように感じるからか、すっきりした気持ちで見終えられて良かった。
ただ少々行き過ぎた感じの百合描写が目に余って辛かった。こちらも今更だとは思うけど、自分が見たいシンフォギアはそこじゃないんだろうなと。クリスちゃんと後輩たちのような師弟関係みたいなのが好み何だと。これは個人の趣向的な問題だけども。
あと毎回敵側がかっこ良くて、あんなに今回の敵は強い!みたいな描写をしておきながらあっさり敗れたのは残念。こちらもうたプリ同様4期やりそうですが、強さもインフレしているし、もういい加減ネタ切れも見えた感じだし、ここいらで終わらせたほうが色んな意味でキリがいいんじゃないかなあとも思う。


・赤髪の白雪姫
LaLaDXで読み切りだった時に「全3巻ぐらいでまた読みたいなあ」と思っていた頃が本当に懐かしい。あれよあれよと連載、表紙、巻頭、LaLa本誌へ移籍、アニメ化……とトントン拍子で進んでいってびっくりした。アニメは原作をうまくまとめて、かつ薬剤師描写に少しだけ厚みを持たせて少女漫画らしい少女漫画でよかった。白雪を上げる描写が少々目に余ったけど、まあ主人公だししょうが無いというか、なんだかんだ総合して楽しく見れているし、概ね好感を持っているコメントを見かけるのでホッと安心した。7巻ぐらいで買うのをやめたんですが、また買いに走ろうかなと思っている。
自分は未だにLaLaDXだけは買ったり買わなかったりしているんですが(斎藤けん先生目当て)、LaLaが自分の少女漫画史の中で一番相性が良いというかなんというか。その中でも自分の好きな作品で良い感じにアニメ化して頂けて嬉しい気持ちが大きかった、ボンズさんありがとう。
少女漫画界隈では影の薄い印象だったLaLaでアニメ化なったのって久しぶり?と思ったら結構アニメ化していてびっくり。それでも赤髪のような作品をアニメ化するとは思わなかったし、それを言うならそれセカもアニメ化するとは思わなかったけど、なんだかんだどれも上手く仕上がっていて嬉しい限り。
分割2クールなようですが、また癒されるアニメになっているといいなと思う。


・ロゼ、まさかの。
業務停止ですか……ブランド立ち上げからクロアリ祭りをかなり遠いところから見届けた人間だけど、それでもなんだか切ないというかなんというか。男性向けPCとかだと比較的起こっていたのを見たけど、乙女ゲーでここまで有名になった作品で業務停止になったところは初めてといってもいいんじゃないだろうか。ソシャゲーの台頭によって乙女ゲー業界はかなり厳しい立場に居るんだなあと再認識。かといえ売上がでなくてもゲームを作り続ける会社はあるし、売上だけを目指すところもあるし……不思議な業界だなあとも思う。ソシャゲーに向かない自分としては、コンシューマ及びPCゲーがなくなると本当に遊ぶゲームがなくなるのだけども、それも仕方のない流れなんでしょうかね。
というか、単純な業績悪化だったのだろうか?と色々気になるところはあるけども、アリスシリーズもなんだかんだまだ完結していないらしいので、なんとも言いがたい……。しかし、立つ鳥跡を濁しまくりなところもある意味ロゼらしいといっちゃロゼらしいなんて思ってしまった。結果どうなるかはともかくとして、今回の件で色々な面が綺麗に片付くと良いなと思う……。
今年、一本ぐらいはロゼゲーに再挑戦(7年ぶり)しようかと思っていたので、やれる内にやっとこうかなと思っている。何をやるかはまだ迷っているけど、スクウォとか吸血鬼ゲーのロミジュリとかをやる予定です。

しかし今まで出した作品をまとめて移植って、とっていた行動が美蕾と一緒で拭っても拭っても涙が出て……こない……(悲しくはある)。


・内Pの企画、つんでれ©
内Pがニコ生で企画をするというので、何をするのかと見ていたら、ああ自由なことやってるなあと思った……大企業に居た時では出来なかったことなので、この試みは面白いと思う。
簡単に説明すると、攻略率がかなり低いツンデレちゃんを落とした貴方、そのキャラクターを視聴者が全員知ってる風を装いながらキャラを肉付けしていくという企画。いろんな意見を見て内P自身がその内容を採用する。もしそれに許可が必要な場合は実際に内Pが許可を取りに行く……という、とても企業が絡んでるとは思えない自由な企画だと思った(いや実際には絡んでないのかもしれないが)。
ちなみにキャラが完成状態へと近づいていって、その内に企業からの支援を貰えれば『勝ち』らしいです。ただ、これは成功失敗は関係なく、どういう方向に進んでどういう反応があるのかっていう実験研究的な要素が強いなあと思いながら見ていた。自分が実際に参加することは無いだろうけど、こういうチャレンジ的な試みは面白いし、この過程を経てまた面白いエンタメが出来るのなら支援したい。
ユークスの方ではまたゲームを作るんだろうけど、この企画で得たものがその内に自分の手元にゲームとしてやってくると嬉しいし、最後までこの企画を見届けたらわかるような要素が含まれていてほくそ笑みたいなとも思った。なのでできるだけついていけたらいいな、と思っている。
全然関係ないところでダメージを受けてたのは、著作権表記である©を今小学生?の間で『ちゃん』と読むんですと……知らなかっ…た…。


・ときレス、やばい
この流れで敢えて語る。やばいのは今に限ったことじゃないんだけども、今後このコンテンツを続けていく意味がいよいよ見いだせなくなってきて本当にどうするんだろうかと思った今回のライブのスコア。(私が続けていくという意味ではなく、利益等的な企業的な意味で)
IMG_2336.png

とりあえず20万行けばトロフィー貰えるやろと思っていたら、3つももらえてちょっと震えた。順位をみた瞬間は大笑いしたけど、そのあと背中が冷えたというか。まさかちょうどその辺りがボーダーだったとはなんとも区切りが良い……。逆を言えば今がやりどきなんだろう。それほど熱を入れなくてもそこそこ楽しめてるので、楽しいといえば楽しい。
ちなみに課金はしてないですが、24くじ1回に回復役セット買って3000エルポぐらいは手元にあった状態からスタート。でも一番賑わってた時を思えば、この程度でトロフィー3つかーと過去のスクショ見ながら思ってしまった。CDを出したり色々やっては居るようだけど、他のソシャゲーに押されに押されてるし、いつまで続けるのかな……ってこれ100回ぐらい言ってるような気が。
どちらにせよ私はときレスというマラソンが終了するまで走り続けるだけであり、むしろソシャゲー苦手な自分がここまで続けられているというのはランナーズ・ハイ状態だと思うけど、もうそろそろゴールが見えてきた感じがして少々怖いような。
今後も日常の一部として期待も何もない状態で展開を受け入れるような……いいんかそれで……。



ヴァンウルフさんを一人攻略しただけでもうフルコンプした気持ちになってるのが大分ヤバイなと思っている。終わったら次のゲーム何しようかな、とか考えてるからその前に終わらせられるんかお前とまたケツ叩きながら吸血狼ハント楽しんできます。
いや、楽し……?たのしいような?そうでないような?
関連記事
スポンサーサイト