全力で頭を抱える日記

おもに乙女ゲームの感想を中心に。ネタバレご注意。

16 2009

月森引継、柚木通常とかいろいろクリア

抜かれた親知らずの痛みが引いて来たので我に返り、宇宙意識の受信を一時停止しました。今現在は元気にコルダ2fアンコールをやっています。
やっぱり、楽しい。私はこのコルダのシステムが好きなのだとやるたびに思う。

2fよりはアンコの方がサクサク勧められるので、この二日間ぐらいで月森引継、柚木通常・引継、土浦通常・引継、火原通常と確実に男どもを手玉にとってやりました。引継ではキャラと1回はもめ事を起こすのが楽しかった。月森とか不安定すぎて、向こうでやっていけるのか本当に心配だ。
もう一年こちらで香穂子に鍛えてもらった方がいいんじゃないか?、というぐらい引継ルートの月森は左右にぐらぐらしていた。


全力疾走のようにクリアしたので、もうほとんどうろ覚えですが自分の脳を鍛えるための感想。

●月森引継
上記でもいったように、月森の不安定さが本当に楽しいルートでした。別に問題はない、大したことはないのにいちいち感慨深くなる月森が本当にかわいらしかった。話としては、留学する日にちが3月で、それを香穂子に言えなくて、ある日香穂子がそのことを知って月森に問いただす、という。二人の間に何があるのかはわからないが、まだ1月だし残りの日数楽しんだ方が、と思ったのは言うまでもない。
そこでの月森の不安定さがまた心を躍らせてくれるというかなんというか。
朝、一応迎えに来てくれるがその問題があった日からは超そっけない。いや、誰の引継ルートでも一回は縺れるので、誰でも迎えに来てくれるけどそっけなくされるという、朝から拷問かと思うような朝を迎えることができるのだけど。
自分的には、月森がもてなしてくれる不愉快な朝が好みだった。困った顔でおはようから始まり、登校中の会話は一切なく、校門についた途端「じゃあまた」で終わる。君たちは本当に付き合ってるのかい?

というわけで予想外に月森が好きになりました。なんかもうこの不器用さが良い。気に入った。


●柚木通常・引継
一番の好みな人なので、悪代官のような表情をされるたびにニヤニヤするのに必死でした。もうほとんど、その記憶しかない。もう一回抜歯してきた方が良いだろうか(きっともっとおかしくなる)。
選択肢には全部おっしゃる通りでございますでこたえたかったのだが、柚木タイプは反発されるのを抑えて無理やり従わせるのを好むタイプなので、怒ったり反発するような選択肢を選んだのもまた一興かな、と個人的に思いました。
通常ルートは、お決まりで「コンミスやめろよ」と突っかかってきましたが、本当にこの人は香穂子に立ちはだかるのが好きなんだなあと思った。むしろ壁打ちの壁になってるのは柚木様。
引継ルートは、何が何だかわからないうちにもつれてた。今後のためにピアノを教えてくれるのですが、それがファンクラブの人たちに見られてそれからいろいろあったらこじれてた、という印象。ただ香穂子に四苦八苦する姿は普段見れない姿で楽しかった。萌えた。
一番萌えたシーンは、柚木様が大事にしてたピアノの教則本を払いのけてやったところです。怒られると思ったら、普通にショック受けてて逆に驚いた。
そ、そこはSキャラとして怒るところでしょうに!


●土浦通常・引継
一番合わない常識的な人なので、どうかなあと思っていたら、やっぱり合わなかった。
個人的に、自分の方が立場が上的な感じがどうもいけ好かんのです。そりゃ、技術は土浦の方がバリバリ上なのだが、それを当然としているような発言が、どうも。
頼れるお兄さん、というのが昔から合わなかったのでしょうがない。あ、王崎は別です。あれはメガネだから。
通常ルートは、主人公を守ってくれてるのか話をこじらせてるのかよくわからないルートだった。行動的には守ってくれてるが、もうちょっと穏やかな方法とれんのかね、という感じ。意外と少年っぽいところ見せてくれるのは良かった。
引継ルートは、ひたすら「お前ならわかるだろ」の連続。つかず離れずに居てくれるところが気に入ってるから、とか。誉められてるのに、なんか癪に障る感じ。あとは土浦が都築さんと噂になって、どうなの?と聞いてもはぐらかされたのはアウトだったなあ。
どうもインコースに入って来ない人だった。


●火原通常
受験のつらさを思い出して、ひいひいなった。火原的には頑張ったけど、筆記試験でラインぎりぎりだったらしくて落ち込んでる火原を慰めるルートでした。なんか、上の三人と比べると非常にさわやかなルートで非常に安心した。休日に練習しようっていっても勉強中だからって断られたし、火原はラインぎりぎりでも合格は合格!って喜ぶタイプだと思ってたんですが、まだまだだなあと反省して地道に頑張ってたんだなあと思うと純粋な気持ちで頑張れって思う気持ちになれる。
上三人が怒涛だった分、身に染みるようなルートでした。


次は火原引継で、加地通常に行こうかなあと思う。
最近好みが変わって来たのか、柚木より加地の方が好きになって来た。というより、柚木と加地の間を行ったり来たりしている感じ。
どっちにしろなんかこう、危うい感じがして好きだ。
関連記事
スポンサーサイト