11 2016

やる気マンゴスチン

ぶっちゃけこれで3分は笑ってた。PC前でマウスを握りながらカタカタ震えながら笑ってた。
雑談記事のタイトルを考えるのにいよいよ何も思いつかなくなったので、最近笑ったネタをそのままタイトルに打ちました。元ネタは最近プレイしていたつり乙の軽くゆるいギャグ。しかし私はこれで3分は笑った。余程笑いに飢えていたのだろう……。

やる気マンゴスチンで思い出したけど、学生時代に友人とお疲れサンパレスと声を掛け合うのが流行った。元ネタはジャンプでやっているお侍さんが持っている木刀に描かれている地名にあるホテルです。クマ牧場とタイマン張れるぐらいのローカルCMの知名度。最近ではあまり見なくなってちょっと寂しい。ちなみにマンゴスチンは生まれてこの方一度も食べたことがないです。


・つり乙から抜け出せない
もうずっぽりハマりましたわ。(財布を全開にしながら) 評判がそれほど良くなかったつり乙2も購入予定。ルナ様アフターアフターが見れるって言うなら黙って金を差し出すしか無い。でもこうやって自分が無制限かと思えるぐらい金払いてえ!って思えた作品に出会えたことが幸せでもある。こうして人は道を逸れるんです、ご注意ください。
感想を書き終えた後、なんかいつもより文章量多いなキモいな、こいつ何をそんなに語ることがあったんだろう……と思って文字数を数えてみたら一万文字を超えていて自分でも引いた。いや、乙女ゲー記事だとキャラごとに記事を書いているので、大体一乙女ゲーあたりそれ以上は書いているんだろうけど自分でも何をそんなに語ることがあったんだと以下略。

そんでもってそんな状態なのにまだ語り足りないことがあるのが怖い。
アペンド適応済みなので、今はルナ様アフターをプレイ中なのですが、ここでも遊星さんがなかなか勃たなくて笑った。もういい君はそのままで行け、あとはつり乙女性陣が頑張ってくれるだろう。そういえば女性向けで勃たなかった奴居なかったかもしれないなと(私が思い浮かばないだけかもしれないが)、んで男性向けでこういう描写が多々あることに驚いたんだけど……よく考えてみたらこれの前にプレイしたのが早撃ちガンマン主人公だったeuphoriaだったのも、疑問に思うのを後押ししたのかもしれないなあと思った。
あ、そういえば野球ネタがあって嬉しかった。湊は虎の球団が好きだそうですね、滋賀あたりってやっぱりそうなのかなあ……以前広島の方に、広島付近は鯉の球団だけど、九州以南は大体鷹の球団という感じだと言われたことがあったので、やっぱり近い所応援するもんなのかなと。ちなみに私は疑いようもなく熊の球団ですよ。クソが着くほど真面目な熊にひらがな小熊に可愛いリスが居ますよ。あとキツネっぽいのも増える予定で、いよいよ動物園が出来あがります。食物連鎖の頂点に捕食されそうな動物園だけど。

話を戻して。
ルナ様と朝日の関係が落ち着いたらいよいよ(メイドの方じゃない)衣遠兄様が気になって気になってあと可愛くて仕方が無くなってしまった。弟を取り合う婚約者VS兄様の図では兄様寄りの選択肢を選びたかったあぁあああぁ…あぁっ……(衣遠兄様BGM流しながら書いている)
感想内ではぼかして書いたけど、とても良くコルダ3の冥加さんを連想させられた。高笑いとエベレスト級のプライドの高さと学園牛耳ってる良いとこの子だけど全てを支配できてるわけではないってのも色々連想させられた。二人とも突き抜けてる。でも決定的な違いは乙女ゲーの攻略キャラかそうでないか…冥加にとっての小日向かなでが、衣遠兄様には居ないってこと。まあギャルゲーの一キャラなんだしそれは当たり前のことではあるんだけども。どこか衣遠兄様用のファム・ファタル作ってくれないかな、それはそれで複雑な気持ちになりそうだけど。ルナ様アフターでもこれまた雪山に顔突っ込んで感情を叫んでもまだ足りないぐらい心惹かれるシーンがあってずっと魅了されっぱなしだった。このまま書くとまた一万文字ぐらい行っちゃいそうなんで、この感想はまた後日。

衣遠兄様とルナ様が超格好良いときいたので、たぶんこのまま乙りろに進みます。私にとってルナ様が正史だけど、りそなのことも近いぐらいには好きなので。りそなの声優さんの演技も好きだったなあ。
というかぶっちゃけ二人の子が主人公というだけでつり乙2の体験版を落としてゲヘゲヘ笑っていたし、正史として楽しむのは2の方に期待しよう。ああ、自分が面白いと思える作品に出会えて良かった、もっと早く出会えばよかった。


・そして乙女ゲー本家の冥加さんは
金コル4は全然情報仕入れてないけれど、グッズの売り方とか見ると凄いことなってるなあと思う。クオリティアップのための延期だというけど、どうだろうか。ネコかわ、euphoria、ルトゥールと過度な期待で楽しめなかったゲームもあったので今一度まっさらな気持ちで金コル4を受け入れたい。しかしTOP画の冥加さんのそのバイオリンの持ち方はどうなんだ……思わず期待してしまうだろうが……。
そういえば金コル4が延期になったことで思い出した、ダンデビも3月だったことを……けどこちらはやらない可能性が出てきた。つり乙に予想以上に気を取られたというのもあるけど、いかんせんアニメ終了後からそこそこ時間経ってるというのも。鉄は熱いうちに打てというけど、アニメが終わった直後に発売してたらまた気持ちも違ってきたんだろうなあ。あと時折月影を購入したことを忘れそうになるぐらい放置してますが、評判の良い同姓の彼のルートは楽しみにしてます。
でも何も考えずに何も知らずに新作乙女ゲーを買いたいなーと思って機会を伺っています。まだまだ先になるだろうけど、一切情報を仕入れずにロシアンルーレットな感覚で新作乙女ゲーを購入したい。それが私にとっての血で血を洗うゲームになっても(全部自分の血)、衣遠兄様に出会えた時のように悶えられることになっても、どちらでも楽しめそうだ。というかそういう気持ちを取り戻したいという気持ちになっている。あの新作乙女ゲー購入するときのスリルが恋しくなった時に手を出したい。


・しかしそんな私の今年の目標は
BLゲーを一本はしたい。咎狗では運良く相性良く萌えられたけど、どうかなあ。評判のよい図書館のネヴァジスタをセール時に買っておきました。何年か前に東京旅行時に買った神学校もいい加減なんとかしたい。今自分の勢いはPCゲーにあるのでここでPCゲーのタワーを崩して行けたらいいなと希望的観測。
BLつながりでドラマダ蒼葉18禁フィギュアのデコマス見ました。ちょっと顔の造形が女子よりかな?と思ったけど、第一印象はよくやってくれたなNativeと拍手したいぐらい扇情的な蒼葉だった。あとケツも綺麗だった。さすが右側の子……女の子寄り的だと思った印象も、右側だと思えば何となく納得できた。しかしこれだけでもはや祭壇とか作れそうなフィギュアだな。
で、なんでBLゲーがやりたくなったかというと、蒼穹のファフナーです。


・そういやアニメ関係で
プリストは王道のスポーツモノやってて普通におもしろい。一生懸命スポーツして青春して高い壁なライバルも居て、過去になにかあった仲間との誤解を解き、その仲間も戻ってきて新たなチームとしてスタートする。でも王道って良いと思われてきたからこそ何度も使われてきたものでもあるので、見たことある流れでもやはり爽快感を感じた。濃すぎず薄すぎない調度良い友情描写。ストライドシーンも疾走感あって動きの作画はさすがのマッドハウス。
で、6話で私の好きな石川プロがもンの凄い良い小物演技していたので、プリスト見ていない人でも是非6話だけでも見てほしい。サイケデリカに通ずる狂演技っぷりで、石川プロのこういう演技が大好きなので興奮したし笑いながら見れた。のっけから敗北フラグ建てまくりなうえに小物感をプンプン匂わせ、いざ敗北な空気が流れると必要以上に取り乱しまくる。その時の演技は惚れざるを得ない。キャラごと一気に好きになってしまった……あと北海道のチームというのもポイントが高い。スポーツもので北海道のチームってなんか面白い感じに仕上がってて楽しいなあ。
ちなみにプリストの監督が、あの月のワルツを描かれた方だと知って大変驚いた。シャレオツな感じはそこから来ているのかな。


月のワルツで一周してつり乙に話題が戻ってこれた。今はプレイを終えた満足感でいっぱい。泣けるような感動をしたわけではないけれど、面白かったし、読後も明るい気持ちになれて大好きな作品。たとえどんな出来であっても自分が好きだと思える作品に出会えたってことがかなり大きいです。さてそれでは乙りろをインストールしながら他のキャラのアフター回収しつつルンファクしてきます。
関連記事
スポンサーサイト