全力で頭を抱える日記

おもに乙女ゲームの感想を中心に。ネタバレご注意。

21 2016

もうちょっとつり乙な雑談

いつもどおりの雑談です。雑談っていうかつり乙の語り足りない部分を語ってるのが大半っす。

・エンドレスつり乙話
飽き性の私がここまでまっすぐ一つの作品に落ちていったのは本当に久しぶりなんです、語るところも無いし語らせてやってほしい。
一番演技でハマったのは小倉朝日の声の人で、この方の演じ方と言うか演技が心から好きになった。プレイ時間が長くなったのは、小倉朝日のボイスを逐一聞いていたからで……。普段はボイスを飛ばしまくる自分では珍しくもちゃんと演技を聞いていた。お名前自体は某アイドルモノの某アイドルで良く聞いてはいたけど、本格的な演技を聞いたのがこれが初めてだったのでただただもう感心した。そしてファンになった。次もし出演されるアニメがあるならこの方のために追おうかなあと思えるぐらいには好きになれました。つーかつり乙がアニメ化してくれれば一番手っ取り早いんですよね、エロゲ原作が上手いイメージがあるエイトビットあたりでどうですか。お願いします。動く小倉朝日ちゃんが見たい。衣遠兄様も見たい。
そういや乙りろでは朝日ちゃんのボイスが無くて、最初いつまで経ってもならなくてバグかな?と思ったけど仕様だと気づくまでに1分かかった。お金払っても良いから小倉朝日ちゃんのボイス付けてほしいなあ。つり乙2での朝陽ちゃんのボイスも付けてほしい。というかこの世のADV主人公全てにボイスを付けてほしい派。あると感情移入しやすいし、ながらプレイもし易いんですよねえ。
あと乙りろやってるとパリへ行きたくなったけど、あのあたりはもう情勢的に難しいだろうなあ……と言うか国外が全体的に難しくなりそう。自分は西洋絵画が好きなので、ルーヴルとかオーストリア方面とかに行きたかったなあ……ともはや願望になってますけど、一度ぐらいは行けると嬉しい。一番好きな作家の作品は幸運なことに日本で生で見れたけど、あの底冷えしそうな建物の空気感の中で絵画を見てみたい気持ちがあるけど怖くて外に出られない……のでGoogleMAPで行った気になってます。りそなとかホント良く外へ、しかも海外に出る気になったなあ。これが金持ちとそうでない人の違いか。

フルコンプしたあと無事にファンブックも買ったけど、朝日の性欲云々について語られていたのは面白かった。最初は朝日の性欲を盛々にする予定が、ライターの王雀孫氏がやめようという判断に至り性欲ほとんどなし設定になったとか。これは英断だと思ったし、だからこそ女性に人気なゲームなんだと思った。いや、自分としてはエロゲなんだし、どちらでもそれはそれでという理由で受け入れるんだけども。でもまあ自分の夢のために女装をして女の園に来たのに、その中でおっ勃ててたら何しに来たんだお前って感じですわな。そのおかげで下ネタは極力控えられたけど、それがまたつり乙の雰囲気を壊さなくてよかった。下ネタやっていい作品と、ダメな作品ってあるよなあと……つり乙は間違いなく後者。そしてそんな英断をした王雀孫氏のシナリオをちょっと読みたくなった。ただおれつばプレイするのはまだ当分先だろうなあ。
ちなみにライターの一人である東之助氏はときレスをやってた(?)らしく、あー女性側の心掴まれそうだなあと……それはそれで嬉しいけど、昔のエロゲのノリが好きでもあるのでちょっと複雑でもある。男性がカッコいいと思う男性像が好きなんだろうな自分は。でも逆に女性がカッコいいと思う男性像も別の意味で好き。あーー上手くドッキングしたゲームが発売されないかなあ。(これ500回ぐらい言ってる)

そういやつり乙2のとあるキャラに、美蕾のペロソナの主人公クリスティーヌを演じた方が居て、涙が止まらん……Personaを出した後の美蕾様の沈黙の艦隊っぷりに枕を濡らす日々です、美蕾ファンとしては。あともうR18で花魁ゲーが発売されちゃったよ美蕾様……でも私はまだまだ美蕾の花がまた開くことを期待せざるをえない。


・ギャルゲーの話
今年はたくさんエロゲやるぞと思って、自分が気になったのはどんどんカートにぶっこみレジに流し込んだけど、思えば私は新作というのを一度も買ったことがないなあということに今更ながらに気付いた。続編とかではなく、完全新作。新作乙女ゲーを買う時に感じるスリルを、ギャルゲで味わったことがない……ので、今年は一本ぐらい賭けに出てみるかなーと思ったけど、自分は別に好きなメーカーとかもないし、好きなライターは大体業界をやめてるか別業界に行ってるので、買うとしても何を基準に買うか迷うなあ。色々考えるのも面倒くさいので、主人公及び男の子がイケメンなエロゲにでもしようか。それか真逆。
凝りもせず相性の合わなかったCLOCKUPの新作夏ノ鎖が比較的安価だし良いかなと思った、制服好きだし。学校モノ好きだし。それかオーガストの新作か……こうしてあれこれ悩んでおいて結局何も買わずに何事もなかったかのような顔で店を出るのが恒例行事。
ってなんだかんだ言っている間に乙りろその後が5月に延期してしまった……この時期に春頃延期って言われるとつば丘思い出して胸が痛んだ。

そうそうホワルバ2が安かったので買ってしまった。内容はアニメを見ていたので大体は知っているけど、ようやくこれで私も丸戸シナリオデビューです。しかしこれは毎度言ってるけど、箱がデカいのはなんとかならんものか……。表にも出せないししまうにもスペースは取るしでいいこと何もない。加えて箱を開いたら更にDVDのようなパッケージに入れられていたのは笑った。マトリョーシカかい。
好きな作品は渋々手元に残しておくけれど、それ以外は全部売っぱらってしまうのはこの理由もあるんだと……でも今更変えられないんだろうな、これ。どっか大手が率先して変えていってくれないですかねえ。


・乙女ゲーの話
ツイッターをやめてから、乙女ゲー情報が一切入ってこなくなったので、あれは本当に情報収集ツールとしては優秀だったのだと。そんで今更ながら大正アリスが一本にまとまってVita化すると聞いて、そこそこにヒいた。プロトタイプは前もヴァルプルガで似たようなことやってたけど(PCゲー発売→年内にVita化する)この流れは本当に嫌だなあ。対アリはPC版を分割で出してて、しかもそれを一本化してVitaでだすっていうのも。これでVita版特典みたいなの付けられたらな……今は対岸の火事ですが、自分の好きな作品でやられたらと思うとちょっとつらいものがある。なんだか本当にこの流れが続かないで欲しいと祈るしか無いのがなんともかんとも。

そんでここ最近は男性向けか一般しかやってないので、乙女ゲーをやりたい気持ちがむくむくと育ってきた。というのもギャルゲーで攻略したいけど攻略できない男性が多すぎたからっていうのもある。でもやっぱり自分は乙女ゲーも好きなんだなと再確認出来て良かった。それでもコルダ4前にこの気持ちを消化してしまうのもアレなので、ひとまずは今手をつけている乙りろとルンファク4でなんとか凌いでいきたい。


最近文字の小ささに耐えられなくなって調節してますが、見にくかったらすいません。いきなりバカでかくなるということはないでしょうが…。あとちょこちょこ直したり変えたりして急にテンプレートが変わったり表示がおかしくなったりしてますが、こちらで遊んでるだけです。
関連記事
スポンサーサイト