-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04 2016

プリンス・オブ・ストライド オーディオドラマ『MY FIRST LOVE』、『TAKE A DAY OFF』 感想

萌えすぎて吐くかと思った……聞きながらずっとオエッオエッって言ってた。このままセイウチになれると思った。平日の夜にでもながら作業で聞けば良かったのに、ぶっ通しで聴いてしまってのたうち回りながら悶え震えた。攻略した一週間後ぐらいには全部手元にあったのだけど、いろいろゴタゴタしている内に一ヶ月も経ってしまった。自分、ドラマCDは苦手というかあまり興味がなくて、特典とかも聞かずにしまったり売っぱらったりする人間なのですが(その理由はたぶん、自分のテンポで読み進められないから)、今回ばかりは後日談ということで購入した。その結果は買ってよかった。引き換えに財布から人がごっそりいなくなったけど。
聞きながら、この自然でいてかつ突飛なものがない世界観が本当に好きだなあと思った。いや、突飛な野郎が大好きでそれをおかずにご飯食ってる人間が何言ってんだって感じですが、こういうストレートなスポ根モノってADVでは貴重な存在だなと改めて思った次第です。いや、ドラマCDではスポ根してなかったんですけどね、一部を除き。

聞いた順は本編を攻略した順だけど、特に意味があるわけでもないし、感想は順番に語ろうかと思います。


プリンス・オブ・ストライド オーディオドラマ MY FIRST LOVE Vol.1 八神陸&桜井奈々
アスキー・メディアワークス (2015-11-27)
売り上げランキング: 83,864
このドラマシリーズ後日談だから全部甘酸っぱかったんだけど、陸が飛び抜けて歳相応な感じで甘酸っぱすぎて口の中がだいぶ酸化した。
陸らしい、初デートはどうしようかと悩むお話。その結果は遊園地行って普通にデートしてるだけで、でもただその『普通』がすっごくよくって悶えまくった。普通こそが陸らしいというか等身大の良さと言うか。待ちながら一緒にしりとりして「陸くん大好き!」とか言っちゃう奈々ちゃんは陸曰くマジ天使だった。キスシーンで若干ガッツイてたのも陸らしくて良かった。
いやーほんとなんてことはないただのバカップルの初デートの話だと言ってしまえばそれまでなんだけど、この自然な感じが本当に口の中は酸っぱくなったけど空気は美味かった。別れがたいから奈々ちゃんにスタートダッシュの掛け声してって言うシーンはもう萌えすぎて意識が飛ぶかと思った。
キャストトークではそんな作中の甘酸っぱさに演じた木村氏とざーさんもアテられてたみたいだけど、木村氏が「こういうのを演じられるのも芝居の醍醐味だよね」って言って居られて、その何気ない木村氏の芝居への意気込みな一言でキャストトークまで胸に響いた。そういうふうに思って演じてくれるのなら、その演技を聞いているこちらも幸せだなあ。あ、もちろんざーさんの甘々な演技も超絶可愛かった。二人の可愛さで意識を飛ばせたドラマCDだった。

プリンス・オブ・ストライド オーディオドラマ MY FIRST LOVE Vol.2 藤原尊&桜井奈々
アスキー・メディアワークス (2015-11-27)
売り上げランキング: 69,974
こちらもデート話だけど、そういうのに不器用そうな尊がほぼ完璧なデートプランを組み立てて奈々ちゃんに「実は慣れてるのでは?」と意識させて嫉妬させるっていうお話。陸とは別の意味で、話に変化というか味があって面白かった。途中嫉妬に耐えかねた奈々ちゃんが逃げるシーンはリレーショナーならではの逃げ方と方南ストライド部エースの追いかけっこでそれがまたくっそ美味しかったなあ……!本編では描かれなかったけど、賢く割り切りの良い奈々ちゃんが『嫉妬』っていう感情に囚われるシーンも美味しくてムシャムシャ食ってた。
ドラマCDに付いてる帯?はどれも作中のモノで本編で聞くと何気ない台詞で、それがまた良いのだけど、尊のはその中でも特に気に入ったので紹介の意味も兼ねて。

「もっとお前を笑顔にしたい。俺のそばにいたいって、思ってほしい」

尊は本当に不器用な子だけど、相手を思ったり何かにかける思いはひたすら一途で良い奴。うい奴。可愛い奴。ゲームの中で描かれてた食事のシーンも、ドラマCD内で語られててほっこりしたなあ。誰かと一緒に美味しくものを食べることが出来た尊の変化が心地よかった。
ちなみにデートは提供:方南ストライド部で笑った。話の流れもオチも読めるけれど、でもそれこそが王道で美味しい話だった。

プリンス・オブ・ストライド オーディオドラマ MY FIRST LOVE Vol.3 小日向穂積&桜井奈々
アスキー・メディアワークス (2016-01-27)
売り上げランキング: 136,207
商店街の福引で高級フレンチの招待券を当ててしまい、二人でドギマギ緊張しながらフレンチを堪能するお話。「持って帰りたい」とか言ってたのはらしくて笑ったし、テンポの良いギャグ会話は聞いていて耳に心地よかったし、くすっと笑えたのも良かった。これを堪能出来たのはゲームをやっていたからだなあと。まあゲームをやらないでこのCD聞いてる人なんて殆ど居ないんでしょうけども。
演じたけんしょー先生も言ってたけど、フレンチを食べ終えてテンション上がった帰り道で手をつなぎながら笑って走って帰るシーンはもう本当に大声で「アアアアアア!!」って夜空に吼えたいぐらいキュンキュンきたエピソードだった。キュンキュンっていうかドギュンって感じだった。労働で闇を抱えそうになっていた私の瞳に光が宿るぐらいの影響はあった。あと陸とはまた違った穂積の等身大っぽさが見れてそこも良かった。自分が幸せになることへの躊躇いをようやく拭えたかなあとそこでもほっこりでした。

プリンス・オブ・ストライド オーディオドラマ MY FIRST LOVE Vol.4 支倉ヒース&桜井奈々
アスキー・メディアワークス (2016-01-27)
売り上げランキング: 94,261
自分が本編で物足りないと思っていた、「余裕綽々なヒースが嫉妬で慌てるところ」が見れてこれも美味しかった。そういう展開を仕掛けたダイアンさんとはいい酒が飲めそうだ、下戸だけど。
本編で何度も見られたモデルシーンなお話で、いつもより可愛い格好をした奈々ちゃんが知らない別の男とひっついて写真撮影をしてもやもやした感情が湧いてくるけど、プライドからかそれを『嫉妬』だと中々認められないヒース。途中から機嫌が悪くなって明らかに態度が悪くなっていったヒースを、私は心の中で指をさしながら「やーいやーい」していた。その瞬間が一番楽しかったあの時の私は相当脳内がアホになっていたのだろう。いつもアホなのに。
ようやく嫉妬だと認めた後のデロデロ感はたまらなかったなあ。いつもと違う格好をして「可愛い」って言ってもらいたかった奈々ちゃんと、そんな奈々ちゃんに対してチンケなプライドが邪魔してなかなか「可愛い」と言えなかった嫉妬まみれなヒースが大変おいしゅうございました。
あと、ヒースはお膳立てしてくれた奈々ちゃんをナンパした野郎に感謝しておくように。一言牽制しただけですごすご下がってくれたとか空気の読める野郎だった。たぶんアレは別の世界の私だったのかもしれない。

プリンス・オブ・ストライド オーディオドラマ MY FIRST LOVE Vol.5 久我恭介&桜井奈々
アスキー・メディアワークス (2016-02-25)
売り上げランキング: 61,294
付き合い始めてからそんなにデートもしてないであろう久我が、ヒースに諭され?て奈々ちゃんを一泊旅行に誘うお話。高校生で一泊旅行っていうのでおったまげたのだけど、その中身やはやはり実直で真面目な久我らしくて、変な展開とかもなかった。一泊旅行に誘うのにまず保護者に相談しに行ったところもなんというか久我に敵う奴は居るのかと思った。
中身は本編同様の久我で(まあそうでなければ困るんだけど)、美味しいものを一緒に食べたり、景色を見たり、そういうなんてこと無いけどちょっと特殊な日常を楽しむお話。足湯でお客さんが一気にきて久我に寄らざるを得なくてドキドキする奈々ちゃんの様子を聞きながらなんかこちらとしてはドキドキを通り越してむしろ心臓が痛くなってた。
面白かったのは、尊の項で前述したCDの帯のキャッチコピーにされている作中の台詞「……俺は、お前に恋をしているんだ」を聞いた時の奈々ちゃんの心の叫び声「ふわぁああああ!!!」を演じたざーさんの叫び声を聞きながら、私も心のなかで「アアアアア!!」って絶叫してシンクロしてたところだろうか。あの時のざーさんの演技は大変面白かったし、おでこにキスしたヒースに対しての「おでこ……だけ?」も大変可愛かったので一聴の価値ありです。
キャストトークでは演じた諏訪部氏が「制約ある中でいろいろ出来るのが楽しい時期なのかな」的なことを語って居られて、なんか別の場所に大変な負傷を負った状態で聴き終えました。左腕とかごっそり持っていかれた気分だった。

プリンス・オブ・ストライド オーディオドラマ MY FIRST LOVE Vol.6 諏訪怜治&桜井奈々
アスキー・メディアワークス (2016-02-25)
売り上げランキング: 51,331
本編でもズルい男だと思ったけど、今作でもそれは継続していた。アイドルを継続しながらなので、上記の人たちよりも更に制約があることも話のテーマにされていた。ラジオのパーソナリティの仕事の様子から、そのままお部屋デートで奈々ちゃんにインタビューする展開に持って行ったのがもうほんとズルかった。脳内でシャ○Q祭だった。
ここでも道産子トークがされていたのはモノホンの道産子としては別の意味で楽しかったです。奈々ちゃんが「ほぼ道産子です。いや、やや道産子です!」って言った後に諏訪が「どっち?」って笑いながら言ってた何気ない会話で私は蒸気になれるかと思った。あとイモ餅の話をしていて、これを聞く一日前にスーパーで安くなったイモ餅食べた身としては偶然が嬉しくて回復したけど別の意味でダメージを負った。どうでもいいけど私はイモ餅よりあげいも派です。……芋食べたくなってきた。
食べ物の話ばかりする奈々ちゃんに「美味しいものが好きな君が好きだよ」っていう台詞で自分は無事意識を失いました。本当にプリストはこういう何気ない一言で聞いてるこちらをガンガンぶん殴ってくるのが最高。
そして何よりズルいのは、中々電話を切れない二人が、「怜治さんから電話を切ってください」っていう奈々ちゃんの一言で、「愛してるよ」って言った後に電話を切って言い逃げたこと。そしてその時の奈々ちゃんが布団でジタバタしていたのを聞きながら私は健やかに意識を手放しました。
演技に関してはどの方もお上手だったけど、『諏訪怜治がラジオのパーソナリティをしてる』っていう宮野氏の演技はとてもナチュラルで素晴らしかった。宮野氏が演技しているって頭ではわかっているのに、諏訪怜治がまるで実在しているような演技感で、聞いていて良い意味で不思議な感覚だった。

TVアニメ「 プリンス・オブ・ストライド オルタナティブ 」 オーディオドラマ TAKE A DAY OFF
木村良平 岡本信彦 小野賢章 小野大輔 下野紘 諏訪部順一
メディアファクトリー (2016-03-23)
売り上げランキング: 114,868
聞いていて巧いなあと思ったのは、「アニメ」のプリストをちゃんと意識していた所。オルタナティブの雰囲気を思い出して聞いてて自然と笑顔になれるような話だった。あの皆でワイワイやる感じ、ライターは上記のMY FIRST LOVEと同じ方なのに、アニメの皆で一緒にワイガヤやる方南ストライド部の味が出ていた。会話のテンポもポンポン進んでいって面白く、先生にまでギャグをさせていたのは笑った。その置鮎氏の演技が面白いんだまた……。原作者監修ってのもあるとは思うけども、この流れは本当に上手いと思った。
話は、休日なのになんだかんだ皆が自然と集まって、ドッチボールをするお話。これがまたなんてこと無いお話なんだけど、方南ストライド部の仲の良さと、アニメでのあの皆で元気に仲良く活動するのが思い出されて聞いてて元気になれるようなドラマCDだった。
裏設定や萌えがあるってわけでもないんだけど、ドラマCDが苦手な自分でも40分サクサク聞くことが出来た。何よりMY FIRST LOVEでは聞けなかった歩くんの声が聞けたのは嬉しかった。アニメの皆でワイガヤやるあの雰囲気が好きな人には是非オススメしたい一品。


より一層方南ストライド部を見守る風になりたい気持ちが強くなってしまった。
このドラマCDを聞きたいと思って購入した要因の一つに、主人公の声を務めるざーさんこと花澤香菜さんの演技が聞けることだったのだけど。そういうのが苦手な人が聞くとだいぶツラいかもしれない。最初と最後はキャラの独白で終わるけども、それ以外のやり取りはガッツリ喋りが入っていた。私は完全第三者視点で楽しむ身な声あり主人公大歓迎派なので、ざーさんの演技が聞けるのはかなり嬉しかった。とても良い可愛い演技だったと思うし、ざーさんのような女性声優さんの演技が乙女ゲーで聞けるのがとても嬉しかったりする。このざーさんの演技は是非ざーさんファンにも聞いて欲しいものだったけども、なんだかそういうのは……アレ……凄い溝があるような気がしないでも無いので、お互いのアレがアレな人は、心の耳でオンオフしながら聞くのが良いかと思います。
話については文句なしで面白かったし、ときめき過ぎてだいぶ意識を失いかけたし、ゲームをプレイして楽しめた人には是非とも買って聞いていただきたい出来。ドラマCD2枚で乙女ゲーム1個な単価は正直どうかと思うんだけど、これも仕方ないんすかねえ。その辺の状況はよくわかりませんが、とても満足したし、繰り返し聞いて萌えで脳天揺さぶらせたいなと思いました。


ちなみに次プレイ予定だったダメ恋はあまりにもギャルゲなノリで今のテンションには合わず、序盤で脱落しかけている。時間を置いてまたプレイするだろうけど、今は戦国無双4で喧嘩番長で殴りたりなかった鬱憤を敵武将をボコることで晴らしてます。無双シリーズは三國無双2猛将伝で弟と二人で3D酔いで吐きかけるまでプレイした輝かしい思い出が。あと周瑜のムービーで何故か喘息が出るまで笑った記憶……ろくな思い出が残ってなかった。全くと言っていいほど関係ないけど、三国恋戦記をやる前は孟徳のこと心のなかで曹操って言ってたのを今、思い出した。
『敵将討ち取ったり!』が今も昔も変わらなくてちょっと心動かされた。なんだかんだネオロマでないコーエー作品やるのは久しぶりかもしれない。私の初めてのコーエーは三國無双2だったのに、今ではネオロマにどっぷりなところを見ると、なんだか怖くて震えてきた……今日は6月なのに寒くて久々に暖房を点けたので、外が寒いからということにしておこう。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。