全力で頭を抱える日記

おもに乙女ゲームの感想を中心に。ネタバレご注意。

21 2016

野球のはなし

野球の話題と言うのはどうしても繊細なもので……(と思っている、私がそうだから)、今年日本一になってくれた球団だったり、プロ野球の話を語りますよ。あと去年広島対DeNAを見に行った試合だとか、他球団についても思ったことをそのまま語りますので、ご注意ください。日ハムファンと言えどプロ野球全体のファンでもあります。(とはいえそんなに過激なことは語らないつもりです)
あ、あと札幌ドームで行われたダイヤのAとのコラボ試合、日本シリーズも見に行ったのでその試合の様子も語りたいと思います。ちなみにダイヤのAのイベントには過去1回行っております。

そんな感じで、やんわり語っていきたいと思う。


今年、どんな順位でも一回ぐらいは野球に関することを書きたいなと思っていたのですが、今回最高の順位で終わることが出来て本当に良かったです。監督、選手、スタッフの皆様、本当におめでとうございます。そして北海道および日ハムファンに喜びと感動を与えてもらって本当に有難うと感謝しかありません。

いや……本当に、1位の滞在時間が短すぎてこれは夢なのではないかと……。リーグ1位が決まった試合なんかは残り二試合しか無い中で、しかも監獄が有名な地域へ出張中で、出張先でガラナ片手に祝杯をあげたのもいい思い出です。風が強くて寒かったー……体調もよろしく無くベッドでうたた寝してしまって目覚めたら9回裏1点差で、スコア見た瞬間すぐさま胃が悲鳴をあげたのもね、いい思い出です。9回の胃キリはハムファンの宿命です。胃痛ごと楽しむもの。


そうそう、ダイヤのAとのコラボ試合に行ったのもいい思い出でしたね。しかも遠方出張の次の日と言う強行スケジュールで、ヘロヘロになりながら行ったら、案の定得点取り取られの胃によろしくない試合をされ負けて肩を落としながら帰ったのもいい思い出です。いい思い出しかないな。ちなみにこの日の前日がめちゃんこいい試合していて、それがあったからまだ自分の足で帰れた感じです。それが無かったら担架呼んでこい担架な感じになっていたと思う。(もちろん私が運ばれる側)
0209.jpg
トークショーの時間帯が、いつもは見ることが出来ない日ハムの練習も見れてお得でした。
お寿司の人がランニングで自由に走ってたのがなんだか面白かった。

0225.jpg
先発は新人の加藤投手。一年目からフル回転でお疲れ様です。
この日も悪くない内容で、勝ちを付けさせてあげたかったな~

0219.jpg
対戦相手であるオリックス側のスタメン。
あれ……なんか3番にみたことある顔が……ウッ頭が

0241.jpg
7回裏の風船投げ。写真から見ても分かる通りこの時点ではまだ良い展開だったんすよ……


ダイヤのAのイベントには一回行ってあまりの女子の強さに震えて帰ってきて、もう二度と行くことはないのかな……と思っていたところへコラボ企画をしてくれたのでとても嬉しかったです。ただ今回も女子が多かった、ちらほら男性も見られましたけど。専用の入場入り口で痛バッグ持ってる人たくさん居るし、物販も中々の列だし、『北海道にもこんなにオタクがいたの…いつもどこにいるのこの人達……?』と思ったのが記憶に新しい。いや、もしかしたら遠征の人だったのかもしれませんが……そうだとしたら遥々北海道まで、ありがとうございます。というか札幌で痛バを見れた衝撃が計り知れなかった。あとコラボイラストでユニ着たイラストも公開されてましたが、降谷が一番似合ってたような気がする。他の二人はノーコメントでお願いします。
そうだ、GLAYのOPは、勝利後に掛かる曲と同じなんですよね。たぶん北海道繋がりと新幹線つながりとかであの曲だったのでしょうが。まあ……この試合では流れなかったような気がしますが…。

0231.jpg

逢坂さんの始球式?の様子。バッターは我軍が誇る真面目君B・Bです。逢坂さんの近くにいるのはいつも二刀流の人がお立ち台に上ったときに撮る自撮り写真が彼女のように映るポリーちゃんです。(始球式は写真ダメってアナウンスはしてなかったような気がするのですがもし駄目だったらこっそり教えてください……)
野球経験者からか、ちゃんとミットまで届いて、球筋も良かったです。会場からは『おお~』だったり『上手いね』と言った声が聞こえて来ました。ちなみに場内アナウンスは沢村と降谷がやっていて、そこでもニヤニヤ出来ましたね。

企画内容は試合前に沢村役の逢坂さんと、降谷役の島崎さんのトークショー。司会はいつも道内のラジオとかでDJをしているおなじみの方で、ダイヤのAを全巻持っていて読み返して来たとのことでした。2日間開催でしたが、違った話を振るのも大変だったように思いますが、そこはやはりきちんとしていて楽しいトークショーでした。あと降谷の地元(?)での開催ということで、島崎さんが呼ばれて嬉しかったっすね……。
話してた内容は……もうだいぶ前のことでよく覚えてませんが、一つだけ覚えてるのは出会いって大事ですね的なことを語っていたこと。司会の方が『沢村はクリス先輩とか……』って振ってくださって、クリス先輩ファンの私はそうだろうそうだろうと頷いていたら、逢坂さんが『いや、御幸じゃないですか?』ってバッサリ切ってて震えました。
司会の方が、プロ野球も面白いからどこでもいいから応援してね~できれば日ハムを、と語って居たのは、プロ野球ファンとしては嬉しかったです。高校野球ももちろん楽しいですけど、プロ野球も違った洗練さと楽しさと熱いものがあるのですよ。ダイヤのAをきっかけに、もっともっと野球が浸透して行ってくれれば嬉しいなあと感じる所存です。
ちなみに貰った記念ボールはこんな感じで飾っとります。↓
0337.jpg
この応援グッズメッチャ応援しづらいんだけどたぬきスターマンの可愛さに負け……
上に乗せられそうだな~と思ったらちょうどよく収まったので。



お次は去年行った広島旅行のことと、日本シリーズ第4戦を。
昨年、『中畑清が見たい』との友人の声により、プラスして広島旅行をしたのですが、あの時のズムスタの異様な雰囲気の応援に震えて帰ってきた記憶があります。去年行った試合では前に座ってた5歳ぐらいの男の子が横浜の応援を聴きながら『阪神よりウザい』って言っててワーオ染まってるゥー!って思ったのが記憶に新しい。二試合見に行って1勝1敗だったのですが、負けた時のヤジに友人も私もカタカタ震えて恐怖してました。北海道は良くも悪くもヤジを飛ばさないですからねー(ヤジ飛ばして欲しいっていう選手もいるので。私個人はヤジはあまり好きじゃないですが…面白いヤジならともかく愛がないのはなあ)
あと9月に行ったのに気温が30℃を越えて、『体温調節しなくてもいいドームに帰りたい』って話したのも覚えてます。熱い中冷たいビール飲みながら野球見るのもそれはそれで最高なのだろうけど、暑さに体温が合わせられない道産子には辛かったなあ。あと今回もそうだったけど、ビジパフォのチケで内野自由席に座れるのはホントどうにかしてほしいです。斜め前あたりの人がビジパフォのチケットをピラピラさせながら自由席座ってたのは結構ムカッと来ました。こちら側主催のときもアレな部分もあるのかもしれないけど、なんかああいうのを見るのは単純に悲しかったなあ。
IMG_2255.jpg
圧倒的赤

圧、とにかくものすごい圧を感じた。二試合観に行って、赤も青も応援できる席に座ったのですが(せっかくなので両方応援しようと)、セリーグはやっぱりパと違う雰囲気というか……良くも悪くもピリッとしているというか……。日ハムが来る前はセファンでしたが、実際に球場には見には行ったことが無かったので、実際の雰囲気はこんなもんなのかと、リーグが違うだけでこんな雰囲気が違うもんなんだと驚いた記憶があります。

IMG_2246.jpg
今年ブレイクした神ってるのお方。あんなキャラだったとはこの時は思いもしませんでした…
素敵なキャラです。来年の活躍も期待です。
ちなみに私が広島で一番好きな選手は二塁手のお髭の選手です。

IMG_2267.jpg
風船投げ。何から何まで真っ赤っ赤。
写真を撮らずには居られないほどの大迫力でした。

IMG_2329.jpg
食べ物の写真を壊滅的に美味しそうに撮ることが出来ない私の、
飯テロにならないお好み焼き写真

事前に広島の方から『広島ではお好み焼きは普通のご飯と同じ』的なことを聞いていたのと(道民で言うラーメンと一緒だなと解釈して納得)、球場の様子を見て帰りが絶対に混むだろうなと思って早めに球場を後にして行ったのに1時間以上待たされたのはびっくりでした。でも待ったかいがあったぐらい美味しかった!食べに行った日は勝った日で、勝ちの要因を語ってるカープファンをBGMに待ってる時間も結構楽しかったです。こちらではお好み焼きにお餅を入れたりするのを知らなくて(それとも私の家庭でやらなかっただけか…)、友人も私も懐疑的に注文して、食べたら感動で唸るぐらいの美味しさだったので、北海道帰ってきてからも真似してます。あとおたふくソースの素晴らしさを実感して帰ってきました。ちなみに『広島焼き』は広島県民には通じないんですね、やっぱり。


お次は日本シリーズ初観戦の記録。
1勝2敗で迎えたこの試合は、なんというか……一緒に見に行った友人も私も胃がキリキリするっていうか爆発しそうな劇的ドラマティックな内容でした。劇的っていうか劇薬っていうか……。
0295.jpg
3塁側バックネット裏から

虎との交流戦以外は滅多に染まらない1塁側が赤に染まって居るのがおわかりいただけるかと。まさかあの応援を札ドで体感できるとは思わず。やっぱりいつもの見慣れたパ球団とは雰囲気が違ったなあ。
この後試合はこちら側のセンターとライトと二塁と遊撃の辺りでお見合いをかまし、となりに友人が居るのも忘れて『おいおいおいおい〜〜!!』と叫んでしまった。その後四球やヒットで中々アウトを取れなくなった先発の高梨投手に対する、『お前は1点もやってないんだから強気の投球で行けー!』って応援がすごく印象的だった。確かにそうだと思った。
その後打っても得点にならない回が続き、気が緩んだ瞬間に4番がホームランを打ってくれてドーム内の雰囲気は一気にガラリと変わったのは凄かった。ああいうのが肌で体感できるのが、生観戦の魅力というか魔力というか。隣の人とガンガン応援バット叩き合えるのもほんっと楽しいです。何度体感しても飽きない。
あと、お寿司一回ぐらいは生でみたい、なんて話してたら本当に握ってくれて『お寿司ー!!!マジで生お寿司ーー!!!おいしいー!!』と驚きで思考が5歳ぐらいまで退化しました。アホみたいに喜んでも誰も何も気にしないのも、生観戦の良さです。

そしてハムファン御用達胃キリの9回。2アウトまでサクサク抑えて、友人の終電には間に合うだろうと思っていたらそこからまさかの単発三連打で、日頃鍛えられた胃痛も今回ばかりは目を背けたいぐらいの嘔吐感でした。嘔吐感ごと楽しまなきゃこの球団の応援はやってられないと思っている人間なので最後まで見ましたが、最後にフルカウントの中、3塁側から見てもわかるぐらいのボール球で見事三振に取ったのは、クローザーってやっぱ強メンタルでないと勤まらんのだなあと思った次第であります。勝った瞬間速攻で勝利の風船飛ばして終電ダッシュしたのは当分忘れないでしょう。おかげでヒロインの写真を逃したけど、これもいい思い出です……200ホールド達成の試合も見に行きましたよおめでとう。

なんやかんやで、最後の最後まで劇的な凄いシーズンでした。最後はもちろんテレビ観戦でしたが、下戸なのにビールをあおって目を線にしながら優勝特番で祝いました。おかげで飛び飛びで意識が飛んでてあまりよく覚えてません……嬉しかった気持ちだけ覚えてます。

今年は球場問題がようやく明るみに出たり(札ドの飯は高い上にクソまずい、何度も言うけど、クソまずい、他の追随を許さないほどにまずい。いやそこが主たる問題点ではないけれど…)、移転先に何の縁か北広島市(広島の人が北海道で開拓した土地だと言われている、道内に在る市)が上がったり、大変なゲーム差をひっくり返したり、球団連勝記録を伸ばしたり……本当にいろんなことがあったなあと思いながら、ずっと応援してきて最高の結果が得られて本当にうれしいというか、感無量というか。この嬉しさは本当に何物にも代え難いです。そしてこれからオフシーズンでしばらく野球がお預けというのも、ほっとするような物足りないような。
今年もストーブリーグのストーブにガソリンを突っ込む勢いですが、一貫した球団経営に惚れている部分も在るので、もう私は調教されております。功労者に冷たい仕打ちと言われるのも納得できるのだけど、それで結果を出している以上、出ていってしまう選手にはもう目の届かないところで頑張ってくれと手を振ることしか出来ない。…もちろん寂しいですが、自分はそういうドライな部分も好きですし、特徴的な球団経営だなと思っとります。決められた枠の中で出来ることをする、そこがはっきりしているので、これが変わらずに今後も結果も伴って行けるなら、例え試される大地でなくどこに移転しようが応援し続けるだろうなと。

ああそうそう、二次元寄りで語るなら。
あすか!の感想で1番投手は普通やらないって感想残したら、采配された上に見事結果まで残されて、嬉しかったと同時に『あの感想どうすんだよ……』って思いましたが敢えて残しておきます。いや、やっぱりアレ普通じゃないので…。あとコルダ4の須永の感想で当時の最速が162ぐらいだったので、その後更新されても164ぐらいだろうなと思って、『165kmの豪速球で倒す』って感想を残したらその後に本当に165を出されておいおいおい……って思いました。ちなみに須永ですが、感想でも残したうちに居る須永さんは来年から球団スタッフになるそうで……。そんな感じで感想に色々小ネタを挟んだ野球ネタが次々とぶっ壊されて、ある意味とても嬉しかったです。
そしてヴヴヴで私の胃を破壊どころかマーライオンが如く血を吐かせてくれた脚本家大河内氏が日ハムファンだったことで、今回ちょっと大河内氏が書いた脚本と折り合わなかったアレやコレまで許しそうになりました……。まさかそんなところでハムファンを見つけるとは私も思いもよらず……。
あと数少ない日ハム声優の高橋美佳子さん、おめでとうございました。次は一軍のマウンドで始球式ができること願っております。その時は是非駆けつけたい……。


最後に。
コルダ4の七海ちゃん………お先にごめんよ!!!!来年こそ日シリで会おう!!!
関連記事