18 2009

涙を流したい

ここんところまれにみる忙しさだったので(といっても一週間程度だが)、UTMをクリアした後は乙女ゲーに手をつける暇もなく、やっと今日暇ができた状態です。

決してUTMで主人公とストーリー(おもに愛憎ルート)に絶望しすぎて乙女ゲーにやる気なくした、とかそういうのではありません。
むしろあれを如何として払拭しようと、次にプレイする乙女ゲーム選びには慎重に慎重を重ね、徹底的に純愛、エロスの欠片の匂いもしない、むしろキスだけでもエロ扱いなゲームをしようと思った次第であります。
ある意味、UTMで矯正されたといっても過言ではない。それだけUTMは非常に心に熱いゲームであった。(しかし心には残らない)

それで、積みゲである遙か4かラブレボをやろうと思ったのですが、どうもPS2を起動するのが億劫なので懲りずにPCゲームを探そうと、2つに厳選しました。

・シエスタ~すすき野原の夢物語~
・ダ・カーポ ガールズシンフォニー

両者とも純愛、初々しいなどの意見を見かけたので取り上げてみましたが、シエスタについては昔すぎてスルーされがちなので曲芸でいっちょ踊ってみるかな、とダカーポの方を選ぼうとも思いましたが、シエスタは昔すぎて安いので結構悩みました。

ダカーポといえば言わずと知れた曲芸商法、乙女ゲーで出ると聞いた時は瞬時に「またかよ!」と反応したんですが、そこはほら、夏空・そよ風・さくら色はにかみ純愛アドベンチャー(初見のインパクトはすごいが宇宙意識ほどではない、と私は思う)に心温まる話を期待していたのですが、

結構前にゲーマーな方と、ちょうどガールズシンフォニーが発売されるという情報が出回った時期だったのでその話をしたところ、

「同じ舞台で同じ願い事をした主人公何人居るんだ。そんなに桜も願い事かなえないって!」

と言っていたのが非常に印象に残っていたので、あっさりとシエスタを購入しました。なぜだか上のお言葉が猛烈に印象に残っていて、ダカーポと聞くと上の言葉を思い出して、桜も辛いなあ……と思うようになりました。
ダカーポ未プレイの私でもわかる、ダカーポプレイ済みの方の痛烈な叫びだったと思います。


そんでシエスタですが、まだ始まりしかやってませんけど、
画面小さい(640×480)、オートモードなし、絵が古臭い、かなりの年季の入った作品です。
でもPCゲはそれこそ画面の小さい頃からやてきたので、懐かしいなあ……!と昔に帰った気分になりました。塗りやキャラデザも、どことなくKanon時代のいたる絵に似ているような気がします。同じ会社だし。

というわけでアメデオ初プレイ、泣きゲーと名高いシエスタ、ボチボチ楽しんでみようと思います。


以下からは拍手お返事です。
.


●ここここここここはく様
とういわけで、お久しぶりでございます、上記で語ってくれたお言葉は強烈に印象に残った次第であります(笑)

拍手を普通にスルーしてしまって申し訳ないです、まさかこんな辺境ブログにコメントを下さる方がいるとは欠片も思っておらず……お返事遅れてしまって申し訳ないです。UTMをクリアした数日後ぐらいにメッセージに気付いたのですが、UTMについての感想は語った通り、主人公は本当にアレでびっくらこいた!(笑)

あと、そういえばと思ってチャットの過去ログを見たら、D.Cの話の後にUTMの話もしていて、そこでも主人公がアレだと忠告なさってくれてたのに……あああぁぁぁ……私すっかりそのこと忘れていましてあちこちで飛び交う『セイジュヤンデレ』という単語に飛びついてしまいました。……というか当時の自分、こはくさんの話をろくすっぽ聞かずに自分の話ばかりでなんかほんとすんませんでした!……過去ログ見ながら反省しました_| ̄|○

長々と申し訳ないです、またお暇があったら乙女ゲーの話でも致しましょう(笑)
それではです!
関連記事
スポンサーサイト