全力で頭を抱える日記

おもに乙女ゲームの感想を中心に。ネタバレご注意。

14 2009

卒業

諸事情があり、君のぞのプレイを中断することになった。
せっかく軌道に乗ってきた状態で、自分でも水月ルートを楽しみにしていたのですが、いかんせんどうしようもない事態となり、プレイ続行出来ぬ状態となってしまった。

ちなみに、君のぞの鬱展開についていけなくなったとかそのようなことではない。
とある友人と深夜に君のぞについて話したが、一ヶ月かけてリアルタイムな感じで感情移入しながらプレイして途中辛くなり誰でもいいからと助けにすがった茜ルートの最後で茜昏睡エンドを見て絶望したその日に即アンインスコしたという素敵な話を聞かせてもらったが、そのようなことではない。
しかしその友人とは、心理描写が巧みすぎという意見が一致した……上記のようなやり方でやったら危ないなと思った。ホントに。

あと自分は乙女ゲー思考なので、主人公が女で水月や遙が男の乙女ゲーが欲しいなと思ってしまった。誰か殴ってほしい。
でも実際、乙女ゲーだとあれだけイラついた水月も許せると思う、かなり邪道な見方だけど。
そう考えると、これがいいという男性の気持ちが、逆の意味でわかったような気がする。


というわけで、やるゲームがなくなってしまい、また次に何のゲームをするか路頭に迷うことになってしまったのだけど、ラストエスコートでもしようかなとちょっと思い始めてきたが、フルコンプまであと2人のラブレボも残っている。結局迷う。
こういうことを言いながら結局は鬼畜眼鏡に走ったりするので、まあどれも可能性は等しいです。
むしろ上で語ったゲームをやらない確率の方が高いかもしれない。



大したネタもないので、この際だから全然関係ない話をしますが。
自分は初代ときメモからギャルゲー界に足を突っ込み、男性向けエロゲに一時期ハマった後、乙女ゲーにハマり18禁乙女にたどり着いた燦々たる基本に忠実なルートを歩いてここまでたどり着いた人間なのでありますが、それに加えてフィギュアオタクという駄目押しの一手があり、ここらへんで8割以上の方が離れていったと思うんですけど、このたび散財が酷過ぎると自分を見直し、


フィギュアオタクを卒業することと成りました。
BGMは中島みゆきのファイト!でお願いします。


というかぶっちゃけ卒業出来るのか自分でも疑問ですが、鏡音リン&レンの1/8フィギュアが発売したら卒業するとか言っておきながら結局発売するまでに1/6のフィギュアを買ったりだとか、決意の意味が崩壊しかかっていたので、ここでいっちょ公言して逃げられない立場を作ってみようかな、と思いました。
そして最後に買うフィギュアはこちら
キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク (1/7スケールPVC塗装済み完成品)キャラクター・ボーカル・シリーズ01 初音ミク (1/7スケールPVC塗装済み完成品)
(2009/11/25)
Max Factory

商品詳細を見る

特にボーカロイドシリーズが好き、というわけでもないのですが、出来が良すぎるのと人気のあるものに飛びつく日本人体質であるので、数時間で一瞬で完売する初音ミクフィギュアを買って終わりにしたいと思う。終わりに出来るのかどうかはいまだ不明だが。

今月は誕生月なので、自分から自分へのプレゼントの意味も兼ねている。



話変わるが、すみれFDの特典が発表され、店舗別特典というものがこのたびもあったので複数買いのフラグが立った。

まるで反省してないってのはこのこったな。


でも多分買わないです、本当にお金がないので、ハンカチーフを咥えながら滅茶苦茶悔しそうな目をしたい。
関連記事