-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12 2009

胃弱なピカチュウ

ピカチュウを一から作り直すことにした。


現在ピカチュウ50Lvなのだけど、クリスタルで記憶が止まっているので時代の流れについていけず、「せいかく」とやらでステータスの上がり下がりがあることを友人から聞いて知った。絶望するかと思いきや、いったん絶望した後「一から作り直すわ」と考え直した。
自分のピカチュウに対する思い入れだけは昔から異常なほどであったと思う。たとえば?と聞かれれば、バグ技を使用してマスターボールを増やす時にLv100のホウオウを誤ってピカチュウにしてしまうぐらいピカチュウが好きでした。あの時の絶望と複雑な心境は痛烈に心に刻まれたのを覚えている。

というわけで、友人に頂いたラブプラスは小休止して(立派にラプラスがラブプラスに見えるようになった)、今はひたすらポケモンをしている。10年前にやった金がほぼそのまんまなんで(マップ等も)、懐かしいなあと思いながらひたすらポケモンを捕まえたり地味なLv上げにいそしんだりしています。
最強の組み合わせを作ろう、と思わなくなったのは歳のせいだろうか。
自分としては10年もたったような気がしないのだが、それでも10年経ったんだなあと思うとよくわからないが感慨深くなる。

当時の自分は10年後もポケモンをしているだなんて思わなかっただろうに。



と、ポケモンばかりしていたら反動で乙女ゲーをしたくなったので、友人にアレを買うのだけはやめろ!(意訳:曲芸商法に手を出すな)と釘を10本ぐらい刺されていたはずのD.C. Girl's Symphonyに手を出そうと思う。かの有名な夏空・そよ風・さくら色 はにかみ純愛アドベンチャーに戦いを挑むということです。
爆乳シナリオに徹底的に叩きのめされたUTMのファンディスク、つきいろ絵本でも火に飛び込む覚悟でやってみようかと思ったのだが、お目にかかる機会がないのでもうD.C.に手を出そうかな、と思っている。乙女ゲーから離れ過ぎて完全に血迷った行動に走っているとしか思えないが、やるといったらやる。と決め込んでおそらく買うことになると思う。


ただ三次元で胃が爆発しそうなぐらい胃に来る出来事があった時に、思い出した顔が衛藤桐也だったのでそっちに走るかもしれない。
ちなみに3はPSPで購入予定です。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。